ヴァルトビューネ2017~シューマン:交響曲第3番「ライン」 ワーグナー:《ニーべルングの指輪》より

20-67048
  • 発売中
  • アーティスト:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • レーベル:EURO ARTS
  • 品番:20-67048
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:DVD

  • 録音情報など:画面:16:9  NTSC 音声:PCM ステレオ、DD 5.1
  • 収録時間:90:00

2017年ヴァルトビューネのライヴ映像
ドゥダメルが描く父なるラインの情景
最後にはサプライズ演出も!

収録曲

ヴァルトビューネ2017

シューマン:交響曲第3番ホ長調「ライン」
ワーグナー:《ニーべルングの指輪》
 楽劇「ラインの黄金」より<ヴァルハラ城への神々の入場>
 楽劇「神々の黄昏」より<ジークフリートのラインへの旅>、葬送行進曲
 楽劇「ジークフリート」より<森のささやき>
 楽劇「ワルキューレ」より<ワルキューレの騎行>(コンサート版)

(アンコール)
ワーグナー:
 楽劇「トリスタンとイゾルデ」から「イゾルデの愛の死」
 歌劇「ローエングリン」第三幕への前奏曲
リンケ:ベルリンの風

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
グスターボ・ドゥダメル(指揮)

映像監督:ヘニング・カステン(コンダクター・カメラ機能付)
収録:2017年7月1日ヴァルトビューネ、ベルリン(ライヴ)

★2017年7月1日に行われた毎年恒例のベルリン・フィル野外コンサート、ヴァルトビューネ最新映像が発売されます。今年はあいにくの雨模様でしたが、指揮はベネズエラ出身で、いま最も勢いに乗る指揮者グスターボ・ドゥダメル。彼自身にとってこれが3度目のヴァルトビューネ・コンサートとなります。
ドゥダメル指揮のもと打ち出されたコンサートのテーマは「ライン川の伝説」。演目は、シューマンとワーグナーというドイツ・ロマン派を代表する作曲家をとりあげています。シューマンの交響曲第3番は、父なるラインと呼ばれる、ドイツ人の心の故郷ライン川をテーマにしています。そしてワーグナーの《ニーべルングの指輪》も、ライン川の川底の黄金をテーマに描かれています。両曲ともホルンが大活躍する楽曲ですが、ゲスト奏者にバイエルン放送響の首席奏者のエリック・テルヴィリガーを迎え、サラ・ウィリス、シュテファン・イェジェルスキ、ゲオルク・シュレッケンベルガー、パオロ・メンデスというベルリン・フィルの強力布陣も顔を揃えます。ドゥダメルの多彩で多様な才能が随所にあらわれ、ベルリン・フィルとの相性の良さも感じる演奏となりました。
アンコールには、「イゾルデの愛の死」、「ローエングリン」第三幕への前奏曲、リンケの「ベルリンの風」が演奏され大いに盛り上がりました。特に恒例の「ベルリンの風」では、ドゥダメルがコンサートマスターのダニエル・スタブラバのヴァイオリンを弾き、スタブラバが指揮台に立つというサプライズがあり、悪天候も忘れるほど、2万人の観客を熱狂させました。

0880242670489

Back to Top ↑