ブリュノ・モンサンジョン・エディションVol.2~ユーディ・メニューイン

20-75018
  • 発売中
  • アーティスト:ユーディ・メニューイン
  • レーベル:EURO ARTS
  • 品番:20-75018
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:8DVD

  • 録音情報など:画面:NTSC 4:3, 音声:PCM ステレオ Docs: Dolby Digital 2.0 (AC3), リージョン:All
    字幕:英独仏
  • 収録時間:1087分

モンサンジョン・エディション第2弾!
20世紀の巨匠メニューインの映像集
初出映像も含む貴重なボックス・セット!

収録曲

ブリュノ・モンサンジョン・エディションVol.2~ユーディ・メニューイン

●世紀のヴァイオリン/The Violin The Century(ドキュメンタリー、1994年制作、115分)
●ユーディ・メニューインとの対話(メニューインの自宅ギリシャ・ミコノス島にて、1994年6月収録、186分)
●ユーディ・メニューイン・イン・ソビエト~エピソード1(ドキュメンタリー、1987年制作、53分)
●メニューイン・イン・モスクワ(1987年11月収録、131分)
・J.S.バッハ:3つのヴァイオリンのための協奏曲ニ長調
・バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番
・ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調
・チャイコフスキー:憂鬱なセレナード
ユーディ・メニューイン(ヴァイオリン)イーゴリ・オイストラフ(ヴァイオリン)ヴァレリー・オイストラフ(ヴァイオリン)
ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(指揮)ソヴィエト国立文化省交響楽団
●ユーディ・メニューイン・イン・ソビエト~エピソード2「デュオの誕生」(ドキュメンタリー、1987年制作、53分)
●ユーディ・メニューイン&ヴィクトリア・ポストニコワ・イン・レニングラード(1987年11月16日収録、86分)
・ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調作品100
・バルトーク:ヴァイオリン・ソナタ第1番
・ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第7番ハ短調作品30-2
ユーディ・メニューイン(ヴァイオリン)ヴィクトリア・ポストニコワ(ピアノ)
●ユーディ・メニューイン・イン・ソビエト~エピソード3(ドキュメンタリー、1987年制作、55分)
●ユーディ・メニューイン・イン・レニングラード(1987年21日収録、88分)
・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番ハ長調作品15
・チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」作品74
ユーディ・メニューイン(指揮)レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団
ジェレミー・メニューイン(ピアノ)
●ユーディ・メニューイン&ヴィクトリア・ポストニコワ・イン・モスクワ(1989年3月収録、48分)
・ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番ト長調作品78「雨の歌」
・モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第35番ト長調KV.379
・チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲イ短調作品50
 ユーディ・メニューイン(ヴァイオリン)マルク・コッペイ(チェロ)ヴィクトリア・ポストニコワ(ピアノ)
●ヴィヴァルディ:四季(1979年収録、52分)
ユーディ・メニューイン・スクール・オーケストラ
ピーター・ノリス(指揮)ユーディ・メニューイン(ヴァイオリン)
ノーマン・ペリーマン(現代美術家)
●ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品77(1982年収録、58分、ライプツィヒ)
ユーディ・メニューイン(ヴァイオリン) クルト・マズア(指揮)
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
●「どんなに私が音楽を愛しているかわかりますか?/モンサンジョン・オン・メニューイン」
(インタビュー、2014年6月16日収録、59分、ベルリン)
[ボーナス]
●グラン・テシキュ:ユーディ・メニューイン(1977年制作、5分)
 ・バルトーク:44の二重奏より第28番、第38番
 ユーディ・メニューイン(ヴァイオリン) ブリュノ・モンサンジョン(ヴァイオリン)
 監督:イヴ・コヴァーチ
●エルガー:ヴァイオリン協奏曲第3 楽章(16分)

★フランスのカリスマ的映像作家ブリュノ・モンサンジョン。彼はこれまでにグールド、リヒテル、オイストラフなど20 世紀の巨匠たちの映像を多く撮っており、その素晴らしい映像の中から主要作品を選び、充実したブックレット、豪華な装丁でリリースする「ブリュノ・モンサンジョン・エディション」。
★第1弾は、名バリトン歌手ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(2073938BD/2073939DVD)でしたが、第2弾はユーディ・メニューイン。
神童として8歳でデビューし、その後は世界のトップ奏者として君臨。ソリストとしてだけではなく、指揮者として、さらにはイギリスとスイスに音楽学校を設立した教育者として、そして人権活動家としても活躍した20世紀を代表する巨匠の一人です。モンサンジョンは自身もヴァイオリニストということもあり、非常に優れた音楽家の映像を撮っており、その手腕はメニューインの映像でも発揮されています。
★この映像集は、既発の「世紀のヴァイオリン」以外は初DVD化、初ブルーレイ化の貴重なもの。ドキュメンタリーと演奏が巧みに組み合わされた内容で、ラヴィ・シャンカール、ダヴィッド・オイストラフなど音楽家たちとの交友関係や、幼少期について、指揮者、教育者として様々な角度からメニューインの実像に捉えた映像です。
また、2014年6月に撮り下ろされた、メニューインについて語るモンサンジョンの映像や、フランスのテレビ番組「グラン・テシキュ」でのメニューインとモンサンジョンによるバルトークの二重奏のボーナス映像など盛りだくさんの内容です。

0880242750181