そして歌う…

2L-124SABD
  • 発売中
  • アーティスト:マヤ・ソールヴェイ・シェルストルプ・ラトシェ
  • レーベル:2L
  • 品番:2L-124SABD
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:Blu-ray Disc Audio + SACD Hybrid

  • 録音情報など:5.1 surround/stereo
  • 収録時間:43:57

マルチな音楽的才能をもつラトシェが自身に問いただす
「二つの異なる答え」を収録

収録曲

そして歌う…

マヤ・ソールヴェイ・シェルストルプ・ラトシェ(1973–):
1. そして歌う、おまえが押し花の上に眠る間に
2. 声のための協奏曲「moods IIIb」

マヤ・ソールヴェイ・シェルストルプ・ラトシェ(ヴォイス)
①チカーダ・アンサンブル  ②オスロ・シンフォニエッタ  クリスチャン・エッゲン(指揮)
録音:2015年2月、4月 オスロ・オペラハウス、オーケストラ・リハーサルホール(オスロ、ノルウェー)
制作・バランスエンジニアリング:モッテン・リンドベルグ
録音エンジニアリング:ビアトリス・ヨハンネセン

[DXD(24bit/352.8kHz)録音]
[Blu-ray: 5.1 DTS-HD MA(24bit/192kHz), Dolby Atmos(48kHz), 9.1 Auro-3D(96kHz), 2.0 LPCM (24bit/192kHz), mShuttle MP3 + MQA Region ABC]
[SACD hybrid(5.1 surround DSD/2.0 stereo DSD)]

★ラトシェは、作曲家、歌手、キーボード奏者、ヴァイオリニストとして世界を舞台に活躍する音楽家です。『そして歌う…(And sing…)』は、「作曲という行為に、即興で歌う私の声を音として組み込むことはできるか?」という彼女自身の問いに対する「二つの異なる答え」を示すため制作されました。《「そして歌う、おまえが押し花の上に眠る間に」》は、チカーダ・アンサンブルの委嘱により2012年に作曲された作品です。ソリストを舞台に置かず、前もって録音した声のファイルを奏者の間に設置したスピーカーからサンプラー経由で再生するスタイルで演奏されます。それに対し《声のための協奏曲(moods IIIb)》は、ソリストと管弦楽のための協奏曲の伝統に沿って作曲されました。テナーサックスをスペクトラム分析して得たいわゆる「スペクトラル・コード」の進行を主題とする約23分半の作品です。このアルバムで演奏される「moods IIIb」は、ノルウェー放送管弦楽団とパリで演奏するために作曲した《声のための協奏曲》「第1版」をシンフォニエッタ規模のオーケストラで演奏するよう書き直したバージョンです。「現代音楽のチャンピオン」クリスチャン・エッゲンがチカーダ・アンサンブルとオスロ・シンフォニエッタを指揮。オスロ・オペラハウスのオーケストラ・リハーサルホールで録音セッションが行われました。アメリカ・グラミー賞サラウンド・サウンド部門へのノミネートがつづき、モッテン・リンドベルグをはじめとする2Lのスタッフが自信をもつ「マルチ・チャンネル」録音が、その力を最大に発揮するアルバムです。

[Pure Audio Blu-ray ディスクと SACD ハイブリッドディスクをセットにしたアルバムです。Pure Audio Blu–ray ディスクにはインデックスを除き映像は収録されていません。SACD ハイブリッドディスクはSACDブレーヤーとCDプレーヤーで再生できますが、Pure Audio Blu-ray ディスクはCDやDVDのプレーヤーでは再生できないので、Blu–ray プレーヤーもしくは Blu–ray 対応のPCをお使いください]

7041888521426