バルトークとバロック

50-1807
  • 発売中
  • アーティスト:ヘルガ・ヴァーラディ
  • レーベル:CLAVES
  • 品番:50-1807
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD ディジパック仕様

  • 収録時間:56:50

ミクロコスモスをチェンバロで演奏!
俊英ヴァーラディが,
バルトークとバロックの作品を交互に収録。

収録曲

「バルトークとバロック」

1.-3.ベーラ・バルトーク(1881-1945):
ミクロコスモス BB105 Sz.107より
【第122番「同時または交互に響く和音」、第125番「舟遊び」、第116番「歌」】

4.-5.ヨハン・セバスチャン・バッハ(1685-1750):
前奏曲とフーガ ハ短調 BWV847~平均律クラヴィーア曲集第1巻 第2番

6.-9.バルトーク:ミクロコスモス BB105 Sz.107より
【第79番「J.S.Bを讃えて」、第117番「ブーレ」、第145a番「半音階のインヴェンション」、
第145b番「半音階のインヴェンション」】

10.-16.フランソワ・クープラン(1668-1733):クラヴサン曲集第3巻 第18組曲

17.-25.バルトーク:ミクロコスモス BB105 Sz.107より
【第139番「びっくり箱」、第85番「分散和音」、第86番「2つの長調の5音階」、
第87番「変奏曲」、第120番「3和音」、第126番「拍子の変化」、第128番「田園舞曲」、
第130番「田舎の冗談話」、第138番「バッグパイプの曲」】

26.ドメニコ・スカルラッティ(1685-1757):ソナタ ホ長調 K.162

27.-32.バルトーク:ミクロコスモス BB105 Sz.107より
【第140番「自由な変奏」、第149番「ブルガリアン・リズムによる6つの舞曲より第2番」、
第150番「ブルガリアン・リズムによる6つの舞曲より第3番」、
第151番「ブルガリアン・リズムによる6つの舞曲より第4番」、
第153番「ブルガリアン・リズムによる6つの舞曲より第6番」、
第146番「オスティナート」】

ヘルガ・ヴァーラディ(チェンバロ)
セッション録音:2016年9月12-14日/ヌーシャテル歴史美術館

★ブダペストで研鑽を積んだチェンバロ奏者、ヘルガ・ヴァーラディがバルトークのミクロコスモス(抜粋)とバッハ、クープラン、スカルラッティの作品
を収録しました。小宇宙という意味の「ミクロコスモス」は第6巻153曲から成り、初歩から高度な技巧までのピアノの練習課程を含み、また近代音楽の特異な音組織への習熟も意図しているバルトークの傑作のひとつです。ヴァーラディは第3巻から第6巻の中から22曲を抜粋しました。
バルトークをはさみバッハ、クープラン、スカルラッティが収録されており、まるでひとつの組曲のように構成しております。なお、バルトークの次男ペーテル(ミクロコスモス第1&2巻を献呈されている)は、ヴァーラディのこの精緻な演奏に感銘を受けているとのことです。

7619931180724