リンカーン・センター・アット・ザ・ムーヴィーズ・プレゼンツ アルヴィン・エイリー・アメリカン・ダンスシアター

73_8504
  • 発売中
  • アーティスト:アルヴィン・エイリー・アメリカン・ダンスシアター
  • レーベル:C MAJOR
  • 品番:73-8504
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:Blu-ray

  • 録音情報など:画面:16:9 HD
    音声:DTS-HD MA5.1、PCMステレオ
    字幕:英独仏
  • 収録時間:101分(本編94分+ボーナス7分)

アメリカを代表するコンテンポラリー・カンパニー、
アルヴィン・エイリー・アメリカン・ダンスシアター
リンカーン・センターで代表作
「レベレーションズ」を含む4作を披露

収録曲

リンカーン・センター・アット・ザ・ムーヴィーズ・プレゼンツ
アルヴィン・エイリー・アメリカン・ダンスシアター

「CHROMA(クロマ)」
振付:ウェイン・マクレガー 音楽:ジャック・ホワイト&ジョビー・タルボット

「GRACE(グレイス)」
振付:ロナルド・K・ブラウン 音楽:デューク・エリントン、ロイ・デイヴィスJr、フェラ・クティ

「TAKADEME」
振付:ロバート・バトル 音楽:シーラ・チャンドラ

「REVELATIONS(レベレーションズ)」
振付:アルヴィン・エイリー 音楽:黒人霊歌より

芸術監督:ロバート・バトル 副芸術監督:茶谷正純
エグゼクティヴ・プロデューサー:アンドリュー・カール・ウィルク
映像監督:マシュー・ダイアモンド
収録:2015年リンカーン・センター

★モダン・ダンス、クラシック・バレエ、ミュージカルなど、さまざまな舞台芸術に影響を与え、ダンスの世界に革命をもたらした振付家アルヴィン・エイリー(1931-1989)が1958年に創立したアルヴィン・エイリー・アメリカン・ダンスシアター。同カンパニーは、アフリカ系アメリカ人のリズム感や音楽をベースに、人種を超えた人間の喜怒哀楽を躍動的に表現し半世紀以上世界を魅了してきました。2011年7月からは振付家のロバート・バトルが芸術監督に就任し、日本人の茶谷正純副芸術監督とともにカンパニーの運営にあたっています。また2011年に300倍以上の競争率を勝ち抜いて瀬河寛司が入団し、日本人としては茶谷正純以来24年ぶりの快挙を果たしました。
この映像はカンパニーの代表作「REVELATIONS」をはじめ「CHROMA」「GRACE」「TAKADEME」の4つの作品をリンカーン・センターで披露した際の公演。アルヴィン・エイリー不朽の名作「REVELATIONS」(1960)は、黒人の心の叫びである黒人霊歌にのせて、絶望と苦悩の淵から到達した希望と愛の喜びを歌った舞踊組曲です。

0814337013851