プッチーニ:歌劇≪トゥーランドット≫

74-8108
  • 発売前
  • アーティスト:ジャナンドレア・ノセダ
  • レーベル:C MAJOR
  • 品番:74-8108
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:DVD

  • 録音情報など:画面:16:9、 NTSC 音声:PCM ステレオ、DTS5.1、 原語:イタリア語 字幕:伊独英仏韓日 リージョンAll
  • 収録時間:115:00
  • 発売予定時期:2018年11月上旬

ノセダ&トリノ王立歌劇場による≪トゥーランドット≫
トスカニーニの初演と同じ第3幕「リューの自殺」までの上演
演出は鬼才ステファノ・ポーダ

収録曲

プッチーニ:歌劇≪トゥーランドット≫

レベッカ・ロカール(トゥーランドット)
ホルヘ・デ・レオン(カラフ)
エリカ・グリマルディ(リュー)
シム・インスン(ティム)
アントネット・チェロン(皇帝アルトゥム)
マルコ・フィリッポ・ロマーノ(ピン)
ルカ・カサリン(パン)
マッシミリアーノ・キアロッラ(ポン)
ロベルト・アッボンダンツァ(中国の役人)
ジョシュア・サンダース(ペルシャの王子)
ジャナンドレア・ノセダ(指揮)
トリノ王立歌劇場管弦楽団及び同合唱団(合唱指揮:クラウディオ・フェノグリオ)
演出、装置、衣裳、照明:ステファノ・ポーダ
演出助手:パオロ・ジアニ・セイ
映像監督:ティツィアーノ・マンチーニ
収録:2018年1月14,18,20日、トリノ王立歌劇場(ライヴ)

★2018年4月末までジャナンドレア・ノセダが音楽監督を務めていたトリノ王立歌劇場による2018年1月に上演されたプッチーニの≪トゥーランドット≫。トリノ王立歌劇場はノセダが2007年に音楽監督就任以来大きな成果をあげ、巨匠トスカニーニに次ぐ第2期黄金時代を迎えたと世界中から注目を集めていましたが、残念ながら2018年4月末に退任、ノセダはファビオ・ルイージの後任として2021/2022シーズンからチューリッヒ歌劇場の音楽総監督を務めることが決まっています。
≪トゥーランドット≫は、プッチーニ最後の未完の作品。伝説時代の北京を舞台に、美しくも冷酷な姫トゥーランドットが王子カラフによって真実の愛に目覚める物語です。トゥーランドットは1926年4月25日にミラノ・スカラ座でトスカニーニの指揮で初演されました。初日にトスカニーニはプッチーニ自身が書いた第3幕の「リューの自殺」の場面まで演奏し、「プッチーニはここまで作曲して亡くなられました。」と言って指揮を止めたという話は有名。残りの部分については、プッチーニの息子がフランコ・アルファーノに作曲を依頼、台本は出来上がっていたので、2日目以降はアルファーノが追加した音楽で全曲演奏されたということ。以降アルファーノの補筆で全曲演奏されることが一般的でしたが、2001年にリッカルド・シャイー委嘱によりルチアーノ・ベリオが補筆版を完成させています。今回の上演は、ノセダの考えにより、初演でトスカニーニが振ったように第3幕の「リューの自殺」の場面までで上演は終了しています。
そしてこの上演では演出から照明まで全てを手がけ、時代の先を行く鬼才ステファノ・ポーダによる新プロダクション。古代中国の喪服の色であった白を基調とし、オリエンタルでエレガントな装飾を施した舞台が印象的。

0814337014810