チャイコフスキー:『白鳥の湖』(1877年原典版)

PTC-5186640
  • 発売中
  • アーティスト:ウラディーミル・ユロフスキ
  • レーベル:PENTATONE
  • 品番:PTC-5186640
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:2SACD Hybrid クラムシェル・ボックス仕様

  • 録音情報など:DSD マルチチャンネル
  • 収録時間:Disc 1 71:54 Disc 2 79:52
  • 付属品:輸入盤・日本語帯付

これぞ本家本元のチャイコフスキー!!!
ユロフスキが『白鳥の湖』全曲を1877年初演時の原典譜で録音!!

収録曲

チャイコフスキー(1840-1893):バレエ音楽『白鳥の湖』Op.20(1877 年原典版)

ウラディーミル・ユロフスキ(指揮)、ロシア国立アカデミー管弦楽団”エフゲニー・スヴェトラーノフ”

セッション録音:2017年2月、2018年2月/フィルハーモニア2、ラフマニノフ・ホール(モスクワ)

★SACDハイブリッド盤。世界が注目する指揮者のひとりウラディーミル・ユロフスキ。2017年10月には首席指揮者を務めるロンドン・フィルとともに初来日を果たし大きな話題となりました。PENTATONEレーベルからはベルリン放送交響楽団およびロシア国立アカデミー管弦楽団との録音を積極的にリリースしており高い評価を得ております。当ディスクはロシア国立アカデミー管弦楽団との共演で、待ちに待ったチャイコフスキーのバレエ音楽『白鳥の湖』全曲、しかも1877年世界初演時の原典譜を用いての録音です!!
★祖父が作曲家、父親が指揮者という音楽一家に1972年モスクワで生まれたユロフスキは、1990年18歳のときに家族とともにドイツに移住。ドレスデンおよびベルリンで研鑽をつみ、95年ウェクスフォード音楽祭におけるリムスキー=コルサコフの「5月の夜」の演奏で世界的に注目されました。翌年にはレコーディングを開始し、2007年より首席指揮者に就任したロンドン・フィルをはじめ、ロシア・ナショナル管弦楽団と自国ロシアの作品を数多く録音をのこし、2017/18シーズンからはベルリン放送交響楽団の首席指揮者兼芸術監督にも就任しており、R.シュトラウスの交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」、マーラーの交響詩「葬礼」、交響的前奏曲(PTC 5186597 / KKC 5846)、アラベラ・美歩・シュタインバッハー独奏のブリテン&ヒンデミットのヴァイオリン協奏曲(PTC 5186625 / KKC 5839)をリリースしております。2019年3月には同団との来日公演を予定しております。
★チャイコフスキーの作品中、最も親しまれているバレエ音楽『白鳥の湖』。1877年ボリショイ劇場での初演が不評に終わり、チャイコスフキーの死後、1895年にプティパとイワノフによって再構成され蘇演され日の目を見ましたが、ユロフスキはあえて初演時の原典譜にこだわりました。チャイコフスキーの音楽がもつ旋律の美しさ、哀愁を帯びたリリシズム、甘く感傷に満ちた情緒など、チャイコフスキーが思い描いた真の世界をユロフスキが柔軟な感性で描き出します!この上なく洗練された美しさと幻想的で豪華絢爛たる物語をお楽しみください。
★ユロフスキはロシア国立アカデミー管弦楽団とプロコフィエフの交響曲およびチャイコフスキーの3大バレエの全曲録音を進行中です!

トレイラーはこちらから→ https://www.youtube.com/watch?v=Exh9nQ2lW6c

0827949064067

Back to Top ↑