J.S.バッハ:マタイ受難曲

SDG-725
  • 発売中
  • アーティスト:サー・ジョン・エリオット・ガーディナー
  • レーベル:SDG
  • 品番:SDG-725
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:2CD


2016年最新録音
ガーディナー「マタイ受難曲」を再録音!
満を持して挑んだコンサート・ツアーを締めくくった
最高のライヴ録音を収録!

収録曲

J.S.バッハ:マタイ受難曲

サー・ジョン・エリオット・ガーディナー(指揮)
ジェームズ・ギルクリスト(テノール/エヴァンゲリスト)
シュテフェン・ローゲス(バス/イエス)
ハナ・モリソン(ソプラノ) ゾーエ・ブルックショウ(ソプラノ)
シャルロッテ・シュリー(ソプラノ) レジナルド・モブレー(アルト)
エレノア・ミニー(アルト) ヒューゴ・ハイマス(テノール)
アシュリー・リッチーズ(バス) アレックス・アシュワース(バス)
ジョナサン・セルズ(バス)
モンテヴェルディ合唱団
イングリッシュ・バロック・ソロイスツ(カティ・デブレツェニ/リーダー)
トリニティ少年合唱団
録音:2016年9月22日ピサ大聖堂(ライヴ)

★ガーディナーが「マタイ受難曲」を再録音しました。アルヒーフに録音したのが1989年、古楽器演奏の記念碑的名盤として聴き継がれています。今回約30年ぶりに録音され、「マタイ受難曲」の演奏史に新たな1ページを刻むアルバムが誕生しました。ガーディナーとモンテヴェルディ合唱団、イングリッシュ・バロック・ソロイスツは2016年3月バレンシアを皮切りに6カ月間16回の「マタイ受難曲」ツアーを行いました。この録音はそのツアーの締めくくりとなったアニマ・ムンディ・フェスティヴァルでのライヴ演奏を収録したもの。ピサ・ロマネスクの代表建築であるピサ大聖堂で行われ、まるで天から舞い降りてくるような豊かな残響に包まれます。ガーディナーは、最終的に録音に向かうこのツアーにあたってリハーサル・ノートを書いており、それはアルバムのブックレットに掲載されています。2016年2月5日から始まったツアー・リハーサルから開始され、数か月にわたって書き記されており、非常に興味深い内容となっています。
イングリッシュ・バロック・ソロイスツとモンテヴェルディ合唱団は、ガーディナーの求める音楽を生み出すための完璧な演奏、ソリスト陣の高水準の歌唱、そのどれをとっても生き生きと音楽が流れ出します。さらにエヴァンゲリストを務めたジェームズ・ギルクリストの美声、カリスマ性が音楽に推進力を与えています。ソリスト陣9名はアリアはもちろんのこと合唱パートも歌い、若手中心の布陣ながら清々しい演奏を聴かせてくれています。ガーディナーは、特別なアプローチを狙うのではなく、バッハのスコアからしっかりと音楽を読み取り、そのバッハの情熱の中で最大限に想像力を働かせステージで披露することが、「マタイ受難曲」の演奏には必要だと語っています。

関連商品

  • J.S.バッハ:マニフィカト 変ホ長調BWV243a
    SDG-728
  • メンデルスゾーン(1809-1847):交響曲第2番「賛歌」…
    LSO-0803
  • J.S.バッハ:ロ短調ミサ曲BWV232
    KKC-5715/16
  • J.S.バッハ & C.P.E.バッハ:作品集
    20-53738
  • メンデルスゾーン:「真夏の夜の夢」
    LSO-0795
  • メンデルスゾーン(1809~1847): ・交響曲第1番、4…
    KKC-5653
  • メンデルスゾーン(1809~1847): ・交響曲第1番、4…
    LSO-0769
  • メンデルスゾーン:交響曲第5番ニ長調「宗教改革」、序曲「静か…
    KKC-5613

0843183072521