ペッカ・コスティアイネン:レクイエム

ABCD-417
  • 発売中
  • アーティスト:ユヴァスキュラ・シンフォニア
  • レーベル:ALBA
  • 品番:ABCD-417
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:SACD Hybrid

  • 録音情報など:5.1 multichannel /stereo
  • 収録時間:58:23

フィンランドの心を描く
コスティアイネンのレクイエム

収録曲

ペッカ・コスティアイネン(1944–):レクイエム(Requiem)(2016)

スヴィ・ヴァユリネン(ソプラノ) エナ・ポングラク(メゾソプラノ)
シモ・マキネン(テノール) タパニ・プラトハン(バス) ムシカ合唱団
ユヴァスキュラ・シンフォニア 聖ミカエル弦楽オーケストラ ヴィッレ・マトヴェイェフ(指揮)

録音:2016年10月30日、11月1日 ミカエル・ホール(ミッケリ、フィンランド)
制作・録音:サイモン・フォックス=ガール

★フィンランドのペッカ・コスティアイネ(1944–)は、主に合唱音楽の作曲家として知られています。100曲を超す合唱作品は、児童合唱のための作品、宗教作品、フィンランド民族叙事詩集『カレヴァラ』にテーマを求めた作品と、大きく3つに分類され、『不滅の詩人』(Alba NCD49)をはじめとする Alba Records の「コスティアイネン自作を指揮する」シリーズで紹介されてきました。《レクイエム》は、ユヴァスキュラ教区とユヴァスキュラ・シンフォニア(シンフォニア・フィンランディア)の共同委嘱により作曲された作品です。〈主よ、永遠の安息を彼らに与え〉〈あなたに賛歌が捧げられ〉〈キリエ〉〈涙の日〉〈主イエス・キリスト〉〈賛美の生贄と祈り〉〈聖なるかな〉〈慈悲深き主、イエスよ〉〈神の子羊〉〈永遠の光〉〈楽園へ〉。「平安、慈悲、光、愛」を清冽、抒情、輝かしい音楽に表すため、〈涙の日〉をのぞき、〈怒りの日〉のように来世を暗く描いた章が省略されています。ユヴァスキュラ・シンフォニアの首席指揮者ヴィッレ・マトヴェイェフ(1986–)は、《チェロ協奏曲》や《アド・アストラ》(ABCD364)などの作曲家としても知られます。トゥルク音楽祭の芸術監督。2020年からサヴォンリンナ・オペラ・フェスティヴァルの芸術監督に就任する予定です。

6417513104172

Back to Top ↑