レハール:オペレッタ「微笑みの国」

ACC-20435DVD
  • 発売前
  • アーティスト:ファビオ・ルイージ、フィルハーモニア・チューリヒ、チューリヒ歌劇場合唱団
  • レーベル:ACCENTUS MUSIC
  • 品番:ACC-20435DVD
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:DVD

  • 録音情報など:画面:16:9 NTSC 音声:DTS 5.1,DD5.1, PCM ステレオ リージョン:All 字幕:独英仏韓日
  • 収録時間:103:07
  • 発売予定時期:2018年7月中旬

ルイージ&チューリッヒ、ホモキ演出
ピョートル・ベチャワの甘美な歌声を
美しい旋律と共に堪能する「微笑みの国」

収録曲

レハール:オペレッタ「微笑みの国」

ピョートル・ベチャワ(スー・チョン殿下)
ユリア・クライター(リーザ)
レベッカ・オルヴェラ(ミー)
スペンサー・ラング(グスタフ・フォン・ポッテンシュタイン伯爵)
チェイン・デイヴィッドソン(チャン)
マルティン・ツィセット(宦官長)

ファビオ・ルイージ(指揮) フィルハーモニア・チューリヒ
チューリヒ歌劇場合唱団
演出:アンドレアス・ホモキ
装置・照明:クラウス・グリューンベルク
衣装:ジルケ・ウィレット
ドラマトゥルギー:カトリン・ブルナー

収録:2017年6月、チューリッヒ歌劇場(ライヴ)

★オーストリアを代表するオペレッタの作曲家レハール。「メリー・ウィドウ」の大成功によりオペレッタの第2の黄金期(白銀時代)を支えた作曲家のひとりでもあります。そのレハールのもう一つの傑作「微笑みの国」を2017年6月ファビオ・ルイージ指揮によりチューリッヒ歌劇場で上演された際の映像が発売となります。演出は、2012年よりチューリッヒ歌劇場のインテンダントとして采配をとるアンドレアス・ホモキです。さらに、中国のエリート外交官であるスー・チョン役には、世界の歌劇場で最も注目されているテノール、ピョートル・ベチャワという現代最高峰の上演が実現しました。ホモキは、1920年代にパリのヴァリテ座で上演された際のプロットを用い、舞台上に大きな階段とカーテンを設置しています。また、オペラ的な要素を出すために、作品を凝縮させ対話部分をカットしています。
「微笑みの国」は、第一次世界大戦前の1912年頃のウィーンと中国・北京を舞台とした、ウィーンの伯爵令嬢リーザと中国皇太子スー・チョンの出会いと別れを描いた悲恋のお話です。「微笑みの国」は、美しい旋律が次から次へと登場し、心動かされるオペレッタですが、劇中で特に有名なアリアは、スー・チョンが歌う「君はわが心のすべて」。古今東西のテノール歌手がこぞってこのアリアを歌い、名演奏を残しています。ベチャワもガラコンサートなどでも度々歌っていますが、ここでも豊かな声量と艶やかな声で歌い上げています。またリーザ役のユリア・クライターも澄んだ美しい歌声と見事な表現力で聴かせます。特にスー・チョンとの二重唱「二人でお茶を」は、溌剌とした世界を楽しむことができます。

4260234831658