J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲

ADJ-055

己に向き合い、対話する、無伴奏の真骨頂。
日本の古楽界を牽引してきた若松夏美が
ついにバッハの無伴奏全曲を録音!

収録曲

J.S. バッハ(1685-1750):無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ BWV1001-1006

[Disc1]
①無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト短調 BWV1001
②無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第1番 ロ短調 BWV1002
③無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ短調 BWV1003

[Disc2]
④無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番 ニ短調 BWV1004
⑤無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番 ハ長調 BWV1005
⑥無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番 ホ長調 BWV1006

若松夏美(ヴァイオリン;Carlo Tononi, Bologna 1700)
セッション録音:2014年3月18-20日、2015年8月12-15日、2015年10月9-11日/コピスみよし(埼玉)

◆レコード芸術 2018年2月号 特選盤

★長年日本の古楽界を牽引してきた若松夏美がついにバッハの無伴奏全曲録音をリリースします!若松夏美はバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)のリーダーとしてカンタータ全曲録音の殆ど全てに参加。現在BCJおよびオーケストラ・リベラ・クラシカ(OLC)のコンサート・マスターをつとめる傍ら、鈴木秀美を中心とする室内楽など積極的な演奏活動を展開しております。バッハのあらゆる作品を弾いてきた若松だからこそ表現できる唯一無二の世界。己に向き合い、対話する、若松夏美によるバッハ無伴奏をご堪能ください。
★「『6曲のヴァイオリン・ソロ』はヴァイオリンひとつだけでバスも旋律も同時に鳴らし、フーガを構築し、それぞれの舞曲に様々な表情を与え、1曲また1曲と違う趣向をもって作曲された。(中略)バッハがこの曲集を誰に献呈するでもなく浄書したのは、自身の到達した想像力の高みを、見た目にも美しいセットにしておこうという気持ちになったからかもしれない。そして、それが300年後の私たちの譜面台の上に置かれるとは思いもしなかっただろう。」
若松夏美~ライナーノーツより

トピックス

【公演情報】
10月12日(木)19:00開演 HAKUJU HALL
若松夏美 バッハを弾く
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番
       無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番、他

関連商品

  • モーツァルト:ディヴェルティメント変ホ長調 K.563
    ADJ-049

4909346308930