ラモーの遺産

amy_050
  • 発売中
  • アーティスト:アンサンブル・レ・シュルプリーズ
  • レーベル:AMBRONAY
  • 品番:AMY-050
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


新鮮な響き!
超絶技巧のオルガンがメインの「未開人」

収録曲

ラモーの遺産

・ラモー/レヒシュタイナー編:協奏曲「未開人」
 〔1.アフリカの奴隷たちのエール 2.優しいエール 3.未開人〕(優雅なインドの国々)
・ルベル&フランクール:シンフォニー組曲
 〔1.プレリュードとロンドー 2.サラバンド 3.ミュゼット 4.ファンファーレ〕
・ラモー/レヒシュタイナー編:
 〔1.パルカのためのプレリュードとエール 2.わざとらしい悲しみ 3.コントルダンス〕
(優雅なインドの国々)
・ルベル&フランクール:シンフォニー組曲
 〔1.フォルラーヌ 2.行進曲 3.トリオとやさしいエール〕
・ラモー/レヒシュタイナー編:
 〔1.リゴードンあるいはソローニュのおめでたい者 2.アモールのためのエール 3.ミュゼット
  4.タンブーラン〕

アンサンブル・レ・シュルプリーズ
ルイ=ノエル・ベスティン・ド・カンブーラ(指揮)
イヴ・レヒシュタイナー(オルガン)
録音:2016年9月25-27日

★18世紀、カトリックの国フランスでは、復活祭の前に、劇場などのエンタテインメント施設が休業となり、かわりに「コンセール・スピリチュエル」(宗教音楽のコンサート)とよばれる演奏会が催されていました。フランスの作曲家バルバトルが、1768年12月、コンセール・スピリチュエルの演奏会のために、ラモーの作品(必ずしも宗教的なものではない)の有名曲を抜粋したオーケストラとオルガンという編成によるシンフォニー組曲を編み、これが演奏されたという記録が残っています。しかしこの楽譜は残されていません。このたび、ラモーの作品「アムールの嘆き(Les Surprises l’ Amour)」からグループ名をとったアンサンブル・レ・シュルプリーズが、ラモーの楽曲から聴きどころを抜粋し、オルガンとアンサンブルによるシンフォニー組曲を再創造する試みを行いました。レヒシュタイナーの超絶技巧のオルガンが核となる「未開人」は実に新鮮にして、不思議と神聖に響きます。フランスのオペラの巨匠が書いた珠玉の楽曲が、新たな色彩を帯びてよみがえります。

3760135100507