フランチェスコ・ジェミニアーニ:ヴァイオリン奏法論

AP-134
  • 発売中
  • アーティスト:ゴットフリート・フォン・デア・ゴルツ
  • レーベル:APARTE
  • 品番:AP-134
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


フライブルク・バロック・オーケストラのコンマスとメンバー達による
ジェミニアーニ!

収録曲

フランチェスコ・ジェミニアーニ(1687-1762):
・ヴァイオリン奏法論op.9(12曲)
〔即興/
No.1 アダージョ(1’40)
No.2 アレグロ (1’49)
No.3 アレグロ ・アッサイ (2’10)
No.4 アレグロ ・アッサイ (2’09)
No.5 アレグロ ・アッサイ (2’34)
No.6 アレグロ ・アッサイ (2’00)
No.7 アンダンテ (2’58)
No.8 アレグロ (1’46)
No.9 アンダンテ・モデラート(2’20)
No.10 アレグロ・モデラート (2’00)
No.11 アレグロ ・アッサイ (2’39)
No.12 アレグロ ・アッサイ (3’12)〕
・ソナタ第8番 op.4 ニ短調
・ソナタ第6番 op.4 ニ長調

ゴットフリート・フォン・デア・ゴルツ(ヴァイオリン)
アンネカトリン・ベラー(チェロ)トルステン・ヨハン(チェンバロ)
トーマス・C・ボイセン(テオルボ)
録音:2015年9月21-24日

★フライブルク・バロック・オーケストラのコンサートマスターとしておなじみの名手ゴットフリート・フォン・デア・ゴルツと同オーケストラのメンバーによる、ジェミニアーニの登場。
ジェミニアーニは、自身ヴィルトゥオーゾのヴァイオリン奏者でした。「ヴァイオリン奏法論」には、自身で作った28のエクササイズと12の作品を掲載がされており、これらの作品は、装飾や、メサ・ディヴォーチェ(一定の音を長く引き伸ばしながら徐々にクレッシェンドし、つづいてデクレッシェンドして終わること)など、ジェミニアーニの奏法が反映されています。どの曲も舞曲のスタイルやオペラのアリアを思わせるものなど多様性に富んでおり、楽しめます。
全12曲から成るop.4のソナタからこのディスクで演奏されているソナタ第8番はイタリアの様式、第6番はフランスの様式で書かれた対照的な2曲。ゴルツとメンバーたちのセンスが光ります。

関連商品

  • フライブルク・バロック・オーケストラとクリスマス
    20-64038
  • ロカテッリ(1695~1764): コンチェルト・グロッソ(…
    HMA-1951889

3149028098426