R.シュトラウス:チェロのための作品全集

AP-174
  • 発売中
  • アーティスト:オフェリー・ガイヤール
  • レーベル:APARTE
  • 品番:AP-174
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


ガイヤール最新盤
見事なアンサンブルに圧倒される
R.シュトラウス作品集!

収録曲

R.シュトラウス:チェロのための作品全集

・チェロ・ソナタ op.6 ヘ長調*
・ロマンス ヘ長調 op.13
・ドン・キホーテ(騎士的な性格の一つの主題による幻想的変奏曲)op.35
・「あした」~4つの歌 op.27(作曲者によるチェロ、ピアノ*とソプラノ**のための編曲版)より

オフェリー・ガイヤール(チェロ) アレクサンドラ・コヌノヴァ(ヴァイオリン)
ドヴ・シェインドリン(ヴィオラ)
ジュリアン・マスモンデ指揮、チェコ国立交響楽団
ヴァシリス・ヴァルヴァレソス(ピアノ)*
ベアトリス・ウリア・モンゾン(メゾ・ソプラノ)**
録音:2017年7月12-15日/チェコ国立交響楽団スタジオ(プラハ)、
2018年1月22-23&31日、パリ

★フランスの人気チェロ奏者、オフェリー・ガイヤール。センシティヴで親しみやすい表情の演奏で、ファンを魅了し続けています。彼女の新譜は、R.シュトラウスによるチェロのための作品全集。古楽アンサンブルで通奏低音奏者として、さらにソロ・室内楽でも活躍しているガイヤールが奏でる、オーケストラとアンサンブルの魔術師R.シュトラウス作品集、期待大です!
★ガイヤールは、実はR.シュトラウス(の作品)とは、長年恋におちることができなかったといいます。歴史(ナチとの関係)に関するものも原因だったといいます。自らの腕の中にR.シュトラウスの音楽を感じながら、常に何かひっかかるものがあったそうで、彼の作品に取り組むようになったのは20歳を過ぎてからだったといいます。「ばらの騎士」や「アラベラ」などによって、シュトラウスの音楽の催眠術的な力、魅惑的で抒情的な世界の魅力を知るようになっていきます。
★「ドン・キホーテ」でチェロは、誇り高き遍歴騎士ドン・キホーテを、そしてヴァイオリンはドゥルシネラ姫を、そしてヴィオラはドン・キホーテの従者サンチョ・パンサをあらわしています。姫君を演じるのは、第15回チャイコフスキー国際コンクールヴァイオリン部門で第3位に輝き、その演奏と美貌で話題となったアレクサンドラ・コヌノヴァ。サンチョ・パンサは、オルフェウス室内管のメンバーで、METでも活躍しているヴィオラのドヴ・シェインドリンによって演じられます。ドン・キホーテの人物像は、英雄の生涯の主人公よりも野心家に描かれており、最後の彼の死の描き方は、セルバンテスを超えている、とガイヤールは述べています。R.シュトラウスの管弦楽書法の巧みさと、独奏楽器の描き分けの見事さ、語り口の巧さがつまった名曲を、ガイヤールと他のメンバーが展開する親密な対話とともにお楽しみいただけます。
★チェロ・ソナタはR.シュトラウスが19歳の時に書かれたもので、いきいきとした表情、そしてチェロとピアノがまるでオーケストラのような豊かな色彩でアンサンブルを繰り広げます。ロマンスは牧歌的な雰囲気ですが、湧き上がってくる旋律を一気に書き上げたといいます。「あした」のチェロとピアノ、声楽版はいわば本作の初版。後にオーケストラ編曲され、ソロはヴァイオリンによって奏されます。ここでは、チェロが奏でるメロディの繊細さと、ドイツ語の詩の韻律の美しさが見事に融け合っています。

5051083127721