スカルラッティ●ベリオ | シューベルト●ヴィトマン

AU-97704
  • 発売中
  • アーティスト:アンドレア・ルケシーニ
  • レーベル:AUDITE
  • 品番:AU-97704
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 録音情報など:PCM 96kHz 24bit ディジパック仕様
  • 収録時間:79:24

バロック、ロマン派と近代作品との対話。
知性派ピアニスト、ルケシーニが
スカルラッティとベリオ、
シューベルトとヴィトマンを交互に演奏!

収録曲

スカルラッティ●ベリオ
1.スカルラッティ:ソナタ ニ長調 K.491(5’33”)
2.ベリオ:6つのアンコールより「芽」(1’52”)
3.ベリオ:6つのアンコールより「葉」(1’25”)
4.スカルラッティ:ソナタ ト長調 K.454(4’57”)
5.ベリオ:6つのアンコールより「地のクラヴィア」(1’20”)
6.スカルラッティ:ソナタ ヘ短調 K.239(3’10”)
7.ベリオ:6つのアンコールより「水のクラヴィア」(1’57”)
8.スカルラッティ:ソナタ ヘ短調 K.466(5’35”)
9.ベリオ:6つのアンコールより「大気のクラヴィア」(3’21”)
10.スカルラッティ:ソナタ イ長調 K.342(2’07”)
11.ベリオ:6つのアンコールより「火のクラヴィア」(2’58”)
12.スカルラッティ:ソナタ ト長調 K.146(3’05”)

シューベルト●ヴィトマン
13.シューベルト:『楽興の時』D.780よりⅠ.モデラート(5’39”)
14.ヴィトマン:牧歌と深淵~ピアノのための6つのシューベルトの回想より第1曲(1’57”)
15.シューベルト:『楽興の時』D.780よりⅡ.アンダンティーノ(6’40”)
16.ヴィトマン:牧歌と深淵~ピアノのための6つのシューベルトの回想より第2曲(3’55”)
17.シューベルト:『楽興の時』D.780よりⅢ.エール・リュス(1’58”)
18.ヴィトマン:牧歌と深淵~ピアノのための6つのシューベルトの回想より第3曲(1’19”)
19.ヴィトマン:牧歌と深淵~ピアノのための6つのシューベルトの回想より第4曲(1’51”)
20.シューベルト:『楽興の時』D.780よりⅣ.モデラート(5’42”)
21.ヴィトマン:牧歌と深淵~ピアノのための6つのシューベルトの回想より第5曲(1’23”)
22.シューベルト:『楽興の時』D.780よりⅤ.アレグロ・ヴィヴァーチェ(2’07”)
23.ヴィトマン:牧歌と深淵~ピアノのための6つのシューベルトの回想より第6曲(2’43”)
24.シューベルト:『楽興の時』D.780よりⅥ.アレグレット(6’36”)

アンドレア・ルケシーニ(ピアノ)
セッション録音:2017年10月1-3日/ルッカ・ルイジ・ボッケリーニ音楽院

★知性派ピアニスト、アンドレア・ルケシーニが“バロック、ロマン派と近代作品との対話”としてスカルラッティとベリオ、シューベルトとヴィトマンを交互に収録したユニークなアルバムをリリースしました。
★ルケシーニはマリア・ティーポの弟子で、10代でミラノ・スカラ座ディーノ・チアーニ国際コンクールに優勝し世界的な注目を集め、以来シノーポリ、アバド、シャイー、ルイージなどの指揮者の指名のもと、数々のオーケストラと共演してきました。幅広いレパートリーを持ち、当ディスクに収録されている作曲家ルチアーノ・ベリオとも交流が深かったピアニストです。近年はソロ活動の一方、室内楽作品への取り組みも積極的で、ヴァイオリニスト渡辺玲子やチェリスト、マリオ・ブルネロなど名だたる演奏者との共演を誇り、auditeレーベルからはクレモナ弦楽四重奏団との共演でサン=サーンスのピアノ五重奏曲(AU 97728)をリリースしております。
★第2次大戦後のイタリア前衛音楽を代表する作曲家、ルチアーノ・ベリオは、ダッラピッコラについて12音技法を学び、1955年のミラノの電子音楽スタジオを開設とともに、そこを中心に精力的に活動しました。6つのアンコールは本来単独に書かれましたが、その後「地・水・大気・火」のクラヴィアを4部作とし、さらに「芽」、「葉」を加えてピアノ曲集として出版された作品です。
★一方、1973年ミュンヘン生まれのクラリネット奏者、作曲家、指揮者イェルク・ヴィトマンは、2018年の「サントリーホール サマーフェスティヴァル2018」のテーマ作曲家としても注目されております。2009年に初演、出版された「牧歌と深淵」~ピアノのための6つのシューベルトの回想はシューベルトへのオマージュの作品で、当演奏では楽興の時と交互に演奏することによりその世界観が鮮明に際立ちます。バロック、ロマン派と近代作品が対話するようにエレガントに奏でられております。

トレイラーはこちらから→ https://m.youtube.com/watch?v=7tbYiEtXIME

4022143977045

Back to Top ↑