R. シュトラウス&ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン・ソナタ集

AU-97759
  • 発売前
  • アーティスト:フランチスカ・ピーチ&ホス・デ・ソラウン
  • レーベル:AUDITE
  • 品番:AU-97759
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 録音情報など:ディジパック仕様
  • 収録時間:64:00
  • 発売日:2019年3月中旬

濃厚で情熱的な演奏!
実力派ピーチがR.シュトラウスとショスタコーヴィチのソナタを録音!

収録曲

① R.シュトラウス(1864-1949):ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調 Op.18(1888)
(ⅰ .12’35”+ⅱ .8’58”+ⅲ .8’29”= 30’03”)
②ショスタコーヴィチ(1906-1975):ヴァイオリン・ソナタ Op.134(1968)
(ⅰ .11’51” +ⅱ .6’41” +ⅲ .15’22”= 33’55”)

フランチスカ・ピーチ(ヴァイオリン/アントニオ・テストーレ制作(1751 年製))
ホス・デ・ソラウン(ピアノ/ Kawai SK-EX(Shigeru Kawai Concert Grand))
セッション録音:2018年10月1-3日/イエス・キリスト教会(ベルリン・ダーレム)

★auditeレーベルの看板アーティストの一人で精力的にリリースを続けているフランチスカ・ピーチがR. シュトラウスとショスタコーヴィチのヴァイオリン・ソナタを録音しました。
★R. シュトラウスのヴァイオリン・ソナタは1887年に作曲をはじめ翌1888年に完成しました。R. シュトラウスの若々しく溌剌とした無比の美しい作品です。ヴァイオリン、ピアノともに高度な技術が求められますが、作品の随所で聴くことのできる情熱的な美しい旋律がとても印象的です。スペイン出身のピアニスト、ホス・デ・ソラウン(第13回ジョルジェ・エネスコ国際ピアノ・コンクールで第1位を受賞)のきらめくピアノも冴えわたります。
★ショスタコーヴィチ唯一のヴァイオリン・ソナタは、ダヴィド・オイストラフの60歳の誕生日に捧げられた作品。晩年の作風が簡潔化し、人生の深い悲劇性と思考の哲学性が追及された時期の傑作です。献呈者オイストラフの芸術にみあう大規模かつ精神の深さにおいて充実したこの作品は、テクニックの面においても最高の難曲として知られます。ピーチは非常に魂のこもった熱演を聴かせてくれます。現在のピーチの充実ぶりを示した注目の録音です!演奏の素晴らしさに加えて、auditeの社主にしてトーン・マイスターのルトガー・ベッケンホーフ氏による高品位の録音をお楽しみいただけます。

アーティスト情報

フランチスカ・ピーチ(ヴァイオリン)

東ドイツ生まれのフランチスカ・ピーチは5歳から父よりヴァイオリンの手ほどきを受け11歳の時にはベルリン・コーミッシェ・オーパーでデビューした逸材。ハンス・アイスラー音楽大学ベルリンにてヴェルナー・ショルツに、ニューヨークのジュリアード音楽院にてドロシー・ディレイにそれぞれ師事。またヴァイオリニストとしての個性を磨くためルッジェーロ・リッチからも薫陶を受けた。ソリストとして、ヨーロッパ各国のオーケストラと、アントニ・ヴィト、モーシェ・アツモン、ジュリア・ジョーンズ、上岡敏之、ジョージ・ハンソンなどの指揮者と共演。1998年から2002年までヴッパータール交響楽団の第1コンサート・マスターをつとめたのち、トリオ・テストーレの創設メンバーとして主要なピアノ・トリオ作品に取り組み、ブラームスのピアノ三重奏曲全集(AU 91668)をリリース。その後、デトレフ・アイシンガーとの共演でグリーグのヴァイオリン・ソナタ全集(AU 97707)、プロコフィエフのヴァイオリン・ソナタ第1& 2番、5つのメロディ(AU 97722)、フランクのヴァイオリン・ソナタ&シマノフスキの神話(KKC 5924 / AU 97726)をリリース。また、2018年にはプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第1&2番(AU 97733)、バルトーク、プロコフィエフ、イザイの無伴奏ヴァイオリン作品集(KKC 5988 / AU 97758)を立て続けにリリースし、いずれも好評を博している。

4022143977595

Back to Top ↑