夜の曲

BISSA-2082
  • 発売中
  • アーティスト:ヤコブ・リンドベルイ
  • レーベル:BIS
  • 品番:BIS SA-2082
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:SACD Hybrid

  • 録音情報など:DSD 5.0 Surround sound マルチチャンネル
  • 収録時間:83:17

リュートの名手、ヤコブ・リンドベルイ。
夜を想起させる
小品を配置する構成のアルバムをリリース!

収録曲

『夜の曲(Nocturnal)』

アントニー・ホルボーン(c.1547–1602):
1. すいかずら
2. 私のリンダ
3. 夜警
4.ペンブローク伯爵夫人のパラダイス
5.妖精のラウンド
エドワード・コラード(fl.c.1595–1599):
6.わが窓辺より去れ/7.ヒュー・アシュトンのグラウンド
8.ダニエル・バチェラー(1572–1619):パヴァーヌ
9.ジョン・ダニエル(1563/34–c.1626):アン・グリーン夫人の葉はグリーン
作者不詳(ジョン・スキーニーの17世紀初めのマンドラ手稿譜):10. 森の花
11. 夕暮れのとき、私を忘れないで
12. イギリスのナイチンゲール
13.ウィリアム・バード(1543–1623)
(フランシス・カッティング(fl.c.1583–c.1603)編曲):子守歌
14. ベンジャミン・ブリテン(1913–1976)
(ヤコブ・リンドベルイ(1952–)編曲):ジョン・ダウランドによる夜の曲Op.70
ジョン・ダウランド(1563–1626):15. 夢
16.ファンシー
17. オーランドは眠る
18.ラクリメのガイヤルド
19.ダウランド氏の真夜中
20.別れ
ジョン・ジョンソン(c.1545–1594):21. パッシングメジャーズ・パヴァーヌ
22.御者の口笛
23.さようなら、おやすみなさい

ヤコブ・リンドベルイ(1.-9.,13.-23.リュート、10.-12. ソプラノ・リュート)
[楽器 8-course Renaissance lute by Michael Lowe, Wootton-by-Woodstock,
1981, 7-course so-prano lute (inmandora tuning)
by Michael Lowe, Wootton-by-Woodstock, 1992]
セッション録音:2017年8月/レンナ教会(ノルテリエ、スウェーデン)

★SACDハイブリッド盤。ヤコブ・リンドベルイ(1952–)は、スウェーデンのユーシュホルム生まれ。ビートルズを聴いて音楽への情熱を育み、ストックホルム大学に進みました。ロンドンの王立音楽大学でダイアナ・ポウルトンに学んでいたころ、ルネサンスとバロックの音楽に主眼を置いた活動を選択。
このジャンルでもっとも幅広いレパートリーをもつリュート奏者として知られ、『ジェームズ一世時代のリュート音楽』(BIS SA 2055)『ルネサンス期イタリアのリュートの名手たち』(BIS SA 2202)『シクストゥス・ラウヴォルフのリュート』(BIS SA 2265)など、30を超す数のアルバムをBISレーベルに録音しています。新しいアルバム『夜の曲(Nocturnal)』は、彼がギターとリュートを平行して学んでいた最後の年に取り組んだブリテンの《ジョン・ダウランドによる夜の曲》を核に、主にエリザベス一世時代に作られた、夜を想起させる小品を配置する構成で作られています。《ジョン・ダウランドによる夜の曲》は、ブリテンが、1963年、イギリスのギタリスト、ジュリアン・ブリームのために作曲した作品です。ダウランドの歌曲《来たれ深き眠りよ(Come Heavy Sleep)》に基づく変奏曲のスタイルをとった、8つの部分(楽章)からなる「壮大な」音楽。「この曲があったから、ギターを捨ててリュートに専念すると決めた時には後ろ髪を引かれる想いだった」(ヤコブ・リンドベルイ)。ブリテンが「リュートを崇め」、この楽器のための作品を書くことも考えていたことから、出版社とブリテン・エステートが協力。エステートからは励ましとともに最初の草稿の提供も受けることができました。アントニー・ホルボーン、エドワード・コラード……詩人サミュエル・ダニエルの弟、ジョン・ダニエル……。「ジョン・スキーニーの17世紀初めのマンドラ手稿譜」の3曲は、「マンドラ調弦」のソプラノ・リュートで演奏されます。「リュートは、静寂と深い集中を必要とする」。録音セッションは、ストックホルムの北、ノルテリエのレンナ教会で行われました。

7318599920825