J.S.バッハ:「音楽の捧げもの」「14のカノン」

BISSA-2151
  • 発売中
  • アーティスト:バッハ・コレギウム・ジャパン、鈴木雅明
  • レーベル:BIS
  • 品番:BIS SA-2151
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:SACD Hybrid

  • 録音情報など:DSD 5.0 Surround sound マルチチャンネル
  • 収録時間:72:12

ハーグの旧カトリック教会に響き渡る
極上のアンサンブル。
鈴木雅明とBCJメンバーによる
バッハの《音楽の捧げもの》《14のカノン》が登場!

収録曲

J.S.バッハ(1685-1750):
①《音楽の捧げもの》 BWV1079
②アリア~ゴルトベルク変奏曲 BWV988
③《14のカノン》(「ゴルトベルク変奏曲」の主題に基づく)BWV1087
④フルート、ヴァイオリン、通奏低音のためのソナタ ト長調 BWV1038

鈴木雅明(チェンバロ)
バッハ・コレギウム・ジャパン・メンバー【菅きよみ(フルート)、寺神戸亮(ヴァイオリン)、
山口幸恵(ヴァイオリン/ヴィオラ)、エマニュエル・バルサ(チェロ)】
セッション録音:2016年8月/旧カトリック教会(ハーグ、オランダ)

★SACDハイブリッド盤。鈴木雅明率いるバッハ・コレギウム・ジャパンのメンバーによるバッハの《音楽の捧げもの》、《14のカノン》が登場です!
★プロイセン王フリードリヒ2世が提示したといわれる単一主題に基づく《音楽の捧げもの》は1747年夏にライプツィヒにて成立。この曲集はバッハの作品の中でもとりわけ高度なポリフォニー技巧が駆使されており、整然としてしかも謎に満ちた楽譜の印象は「音による幾何学」とも言われます。
★《14のカノン》はゴルトベルク変奏曲の主題低音部に基づく14曲のカノンで1747~1748年8月成立と推定されています。主題とその逆行形による2声のカノンの第1曲にはじまり、主題と対位主題、およびそれぞれの転回形による4声の二重カノン(第5曲)、基礎音上の5声の二重カノン(第11曲)、6声の三重カノン(第13曲)など、全14曲がさまざまな形を示す興味深い作品です。そして、ソナタト長調BWV1038はブランデンブルク協奏曲第3番の終楽章を思わせる軽快な第2楽章のフガートやフルートとヴァイオリンの憂いに満ちた二重奏が聴かせる第3楽章が印象的な作品です。鈴木雅明率いるBCJメンバーによる極上のアンサンブルでお楽しみください。

関連商品

  • J.S.バッハ:世俗カンタータVol.4
    KKC-5798
  • J.S.バッハ:世俗カンタータVol.5
    KKC-5799
  • J.S.バッハ:世俗カンタータVol.2
    KKC-5796
  • J.S.バッハ:世俗カンタータVol.3
    KKC-5797
  • J.S.バッハ:世俗カンタータ第8集
    BIS SA-2231
  • J.S.バッハ:ミサ曲 イ長調、ミサ曲 ヘ長調、マルコ・ジュ…
    KKC-5704
  • GLORIA IN EXCELSIS DEO「いと高きところ…
    KKC-9206
  • J.S.バッハ(1685-1750):オルガン作品集 Vol…
    KKC-4098

7318599921518