ノーブルでメランコリーな楽器~19世紀のホルンとピアノのための作品集

BISSA-2228
  • 発売中
  • アーティスト:アレック・フランク=ゲミル
  • レーベル:BIS
  • 品番:BIS SA-2228
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:SACD Hybrid

  • 録音情報など:DSD 5.0 Surround sound マルチチャンネル
  • 収録時間:65:56

ロッシーニ、サン=サーンス、グラズノフの作品も!19世紀を彩った作曲家によるホルンとピアノための作品集

収録曲

『ノーブルでメランコリーな楽器~19世紀のホルンとピアノのための作品集』

①ベートーヴェン(1770-1827):ホルン・ソナタ ヘ長調 Op.17(1800)
②シューマン(1810-56):アダージョとアレグロ Op.70(1849)
③フランツ・シュトラウス(1822-1905):夜想曲 Op.7 (1864)
④ロッシーニ(1792-1868):前奏曲、主題と変奏曲(1860)
⑤サン=サーンス(1835-1921):ロマンス ホ長調 Op.67(1866)
⑥グラズノフ(1865-1936):夢 Op.24(1890)
⑦デュカス(1865-1935):ヴィラネッラ(1906)
⑧ギルバート・ヴィンター(1909-1969):ハンターズ・ムーン(1942)

アレック・フランク=ゲミル(ホルン)、アラスデア・ビートソン(ピアノ)
録音:2016年1月/ドイッチュラントフンク・カンマームジークザール(ケルン)

★SACDハイブリッド盤。「ノーブルでメランコリーな楽器」と題された当ディスクは19世紀に生きた作曲家によるホルンとピアノのための作品集です(ギルバート・ヴィンターのみ20世紀生まれ)。ベートーヴェンにはじまり、シューマン、フランツ・シュトラウス(リヒャルト・シュトラウスの父で、ホルンを中心に数多くの作品を残した作曲家)、ロッシーニ、サン=サーンス、グラズノフ、デュカスと、19世紀に活躍した作曲家は実に多彩で、それぞれの作曲家の個性をホルンという楽器を通して堪能することができる充実の選曲・内容と言えます。アレック・フランク=ゲミルは現在スコットランド室内管弦楽団の首席ホルン奏者をつとめる俊英。高度な技術を要するホルンですが、フランク=ゲミルは非常に完璧ともいえる技術を武器に実に雄弁に歌い上げ、聞き手を魅了します。

7318599922287