ペッテション:ヴァイオリン協奏曲第2番&交響曲第17番

BISSA-2290
  • 発売前
  • アーティスト:ヴァリーン、ノールショピング交響楽団、リンドベルイ
  • レーベル:BIS
  • 品番:BIS SA-2290
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:SACD Hybrid

  • 録音情報など:DSD 5.0 Surround sound マルチチャンネル
  • 収録時間:61:06
  • 発売予定時期:2019年3月中旬

交響曲第17番を補完。
ペッテション晩年の壮絶な世界をあらわした
ヴァイオリン協奏曲第2番、交響曲第17 番!

収録曲

アラン・ペッテション(1911-80):
①ヴァイオリン協奏曲第2番(1977/改訂版)
②交響曲第17 番(断章)(1980)【マルクス・ブリルカ&クリスチャン・リンドベルイによる補完】

①ウルフ・ヴァリーン(ヴァイオリン)、クリスチャン・リンドベルイ(指揮)、
ノールショピング交響楽団
セッション録音:② 2017年1月、① 2018年1月/ルイス・デ・ギア・コンサートホール
(ノールショピング)

★SACDハイブリッド盤。クリスチャン・リンドベルイがノールショピング交響楽団と録音を続けている現代スウェーデンの作曲家アラン・ペッテションの交響曲シリーズ。当ディスクには交響曲第17番(断章)とヴァイオリン協奏曲第2番を収録しました。
★ヴァイオリン協奏曲第2番は、ヴァイオリン独奏と大編成のオーケストラのために書かれた演奏時間50分をこえる作品。独奏パートはほぼ弾きっぱなしといえるハードにしてパワフルな作品。緊迫した空気とテンション高い作風はペッテションならではといえましょう。BISレーベルでおなじみのウルフ・ヴァリーンが鬼気迫る演奏を披露しております。なお、当作品の初稿版は1980年1月25日、イダ・ヘンデルが初演したことでも知られます。
★ペッテション未完の交響曲第17番。この度、ドイツの作曲家マルクス・ブリルカとリンドベルイによる補筆完成版が録音されました。晩年の作風の特徴であり、ペッテションの人生をあらわしたかのような暗黒で暴力的なパッセージが随所にあらわれますが、一方で澄みきった弦の響きや天国を夢見ているかのような美しい旋律も印象的です。強烈なインパクトの中に祈りも感じられる唯一無二の世界が広がります。

7318599922904

Back to Top ↑