J.S.バッハ:クリスマス・オラトリオ

CC-72806
  • 発売前
  • アーティスト:シギスヴァルト・クイケン
  • レーベル:CHALLENGE CLASSICS
  • 品番:CC-72806
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:2SACD Hybrid

  • 録音情報など:DSD Multi-ch / Stereo
  • 収録時間:72:32 66:50
  • 発売予定時期:2019年3月中旬

各パート1人による名演が廉価で復活!クイケンのクリスマス・オラトリオ再発売

収録曲

J.S.バッハ:クリスマス・オラトリオ BWV248

シギスヴァルト・クイケン(指揮、ヴァイオリンⅠ)
イム・スンヘ(ソプラノ)
ペトラ・ノスカイオヴァ(メゾ・ソプラノ)
ステファン・シェルペ(テノール)
ヤン・ファン・デア・クラッベン(バリトン)

【ラ・プティット・バンド】
イン・キム(ヴァイオリンⅠ)
サラ・クイケン(ヴァイオリンⅡ、エコー(第4部第4曲)
バーバラ・コンラート(ヴァイオリンⅡ)
マルレーン・ティアース(ヴィオラ)
ロナン・ケルノア(バス・ド・ヴィオロン)
赤津真言(ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ)
アンネ・プストラウク(トラヴェルソⅠ)
シーン・ヒュイブレヒツ(トラヴェルソⅡ)
ヴィンチアーネ・ボードゥイン
(オーボエ、オーボエ・ダモーレ、オーボエ・ダ・カッチャ/ 1,2,3,5,6 部)
オフェール・フレンケル(オーボエ、オーボエ・ダモーレ、オーボエ・ダ・カッチャ/ 2,5 部)
カタルチナ・ソコロフスカ(オーボエ、オーボエ・ダモーレ/ 2,3,4,6 部)
マシュー・ルー(オーボエ、オーボエ・ダモーレ/ 1,2,4 部)
ライナー・ヨハンセン(ファゴット)
ジャン=フランソワ・マドゥフ(ホルンⅠ、トランペットⅠ)
ピエール=イヴ・マドゥフ(ホルンⅡ、トランペットⅡ)
グラハム・ニコルソン(トランペットⅢ)
コーエン・プレティンク(ティンパニ)
ベンヤミン・アラール(オルガン)

録音:2013年12月11, 13-17日/プレディクヘーレン教会ルーヴェン(ベルギー)

★しばらく廃盤となっていたクイケンのクリスマス・オラトリオ(CC-72394)が廉価になってお求めやすく再発売!クイケンの名盤を再び流通出来ることとなりました。もちろんSACDハイブリッドの音質もそのままです。
★声、楽器とも、各パート一人の演奏です。クイケンは、バッハによる明確な「チェロ」という指定がない限り(そしてその指定が明確なことは稀)、ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラを用いますが、このクリスマス・オラトリオの録音でも、スパッラを採用。また、通奏低音群であるバス・ド・ヴィオロンも、ほとんどチェロのような楽器ですが、実際にはチェロより少し大きめのサイズのもので、響きも実際違います。こうしたこだわりも、各パート一人だと、各声部がよりくっきりと響くことにより、それぞれの音色を感じ取ることができます。声楽パートも各声部一人で演奏することにより、テキストがより明確に、ダイレクトに響いてくるよう。規模の大きな管弦楽で聴く、祝祭感の強い演奏もよいものですが、ここで聴くような、各パート一人による演奏を聴くと、各パートの音色やテキストはもちろんのこと、クリスマスの神聖さ、クリスマスの喜ばしさ、といったひとつひとつの要素すべてが、より濃さを増して伝わってきます。チャレンジ・クラシックスならではの優秀録音も魅力。

0608917280623

Back to Top ↑