クラ:弦楽四重奏曲、ピアノ五重奏曲

DSK-4181
  • 発売中
  • アーティスト:シネ・カ・ノン四重奏団
  • レーベル:SKARBO
  • 品番:DSK-4181
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


ラヴェルやドビュッシーと同時代を生きた近代フランス音楽
この上なく美しい、ジャン・クラのピアノ五重奏曲と弦楽四重奏曲!

収録曲

ジャン・クラ(1879-1932):
①ピアノ五重奏曲
②弦楽四重奏曲『私のブルターニュへ』

シネ・カ・ノン四重奏団【サラ・シュナル(第1ヴァイオリン)、
ヴィルジニー・トゥルバン(第2ヴァイオリン)、
キャスリーン・ドゥモンシ(ヴィオラ)、クレール=リーズ・デメットル(チェロ)】、
①ジャン=ピエール・フェレ(ピアノ)
セッション録音:2018年4月28-30日/セクエンツァ・スタジオ(モントルイユ)

★仏スカルボ・レーベルの社主にしてピアニスト、ジャン=ピエール・フェレ。知られざる作曲家の作品の蘇演に積極的なフェレですが、ライフワークの一つとしているのがジャン・クラの作品の演奏、録音です。
★ジャン・クラは、ラヴェルやドビュッシーと同時代を生きた近代フランス音楽の作曲家のひとり。生前は海軍士官としても活躍し、職務の合間を縫って果敢に作曲活動を続けたことでも知られる作曲家でもあります。アンリ・デュパルクに師事したクラの作風は、ラヴェルやドビュッシーら印象派の響きを持ちつつ、ロマン派の情緒を併せ持ったもの。流麗な旋律の中にほんのり香るメランコリックな響きが絶品です。
★没後、長らく作品が忘れられていましたがフェレを中心とした演奏家により蘇演され評価を上げてきました。フェレはピアノ作品集(DSK 1153)、マリ=アニク・ニコラと共演したヴァイオリンとピアノのための作品全集(DSK 4128)などをリリースしております。
★弦楽四重奏曲『私のブルターニュへ』は1909年クラがブレストで造船技師をしていた時代の作品。一方、1922年に出版されたピアノ五重奏曲はアミラル・セネの司令官をしていた時代の作品。いずれも溌剌とした瑞々しさに満ちており、ショーソンの室内楽を思わせるこの上なく美しい旋律が魅力です。
★パリとリヨンで学んだ2006年創設のシネ・カ・ノン四重奏団は、バロックから現代音楽、さらにはシャンソン、ワールドミュージックと幅広いレパートリーを演奏するアンサンブルです。

トレイラーはこちらから→ https://m.youtube.com/watch?v=ydPIVlSIvpw

3375250418101