管楽器による中世後期の音楽

FHR-69
  • 発売前
  • アーティスト:ブロンデル
  • レーベル:FIRST HAND RECORDS
  • 品番:FHR-69
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 録音情報など:65:40
  • 発売予定時期:2019年3月上旬

クリスティーヌ・ド・ピザンの詩をテーマに選曲、あえて管楽器で演奏

収録曲

デュファイ:Se le face ay pale /
Or me veult bien Esperance / Belle, veulliés moy retenir
ジョン・ベディンガム:O rosa bella
バンショワ:Les tres doulx ieux du viaire ma dame
作曲者不詳:A Cheval, tout homme, a cheval /
Reveillez vous piccars / Gardés le trait della fenestre
バンショワ:Dueil angoisseus
ヨハンネス・チコーニア:A Le ray au solely
ボード・コルディエ:Tout par compas suy composes
マショー:Aymi! dame de valour 1 • Je vivroie liement 2
ソラージュ:Corps femenin par vertu de nature tant noblemen
ロバート・モートン:Le Souvenir de vous me tue mon seul bien
デュファイ:Le Serviteur hault guerdonné
ジョン・ベディンガム:Le Serviteur
作曲者不詳:De quan quʼon peut belle et bonne estrener, Anxci bon youre
ランディーニ:Adiu, adiu dous dame
作曲者不詳:La Spagna / Pues serviçio vos desplaze
• Cançión contrahecha Pues serviçio vos desplaze, letra y punto / Allez a la fougere
ジョスカン・デ・プレ:Lomme arme
バンショワ:Files a marier ne vous mariez ja

ブロンデル
録音:2015年7月24-27日/イギリス

★中世後期の音楽をショーム、スライドトランペット、リコーダー、サックバット、バグパイプ、パーカッションで演奏。ヴェネツィア出身の詩人、クリスティーヌ・ド・ピザンの詩がアルバムを貫くテーマとして選ばれています。女性の視点から多くの文学表現を創造したド・ピザンを取り上げつつも、歌ではなく管楽器で演奏することで音楽に込められた力を立ち上らせます。ブロンデルのメンバーはエンシェント室内管弦楽団、ガブリエリ・コンソート& プレイヤーズ、イ・ファジョリーニ、ベルリン古楽アカデミー、フライブルク・バロックオーケストラなどで演奏する奏者たちで、技術面も申し分ありません。

公式トレーラー動画https://youtu.be/Th9gy-rGDGs

5060216347769

Back to Top ↑