J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻(全曲)BWV846-869

GCAC-1016
  • 発売中
  • アーティスト:ミエチスラフ・ホルショフスキー
  • レーベル:GLOBAL CULTURE AGENCY
  • 品番:GCAC-1016/7
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:2XRCD

  • 録音情報など:ステレオ
  • 収録時間:CD1 58:58 CD2 56:29

端正で美しい音の調べ、機知に富んだフレージング!
ホルショフスキー晩年の貴重なソロ・アルバム。
名盤の誉れ高い『平均律』がXRCDに生まれ変わって新登場!

収録曲

J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻(全曲)BWV846-869

[CD1] 第1番 ハ長調BWV846~第13番 嬰へ長調BWV858
[CD2] 第14番 嬰へ短調BWV859~第24番 ロ短調BWV869

ミエチスラフ・ホルショフスキー(ピアノ)
録音:1979-80年/ニューヨーク、ヴァンガード23丁目スタジオ

★Vanguard Classicレーベルの名盤、ホルショフスキーの『平均律』が復活!しかも音質面が大幅に改善されました!レーベル提供の公式音源に名エンジニア杉本一家氏がリマスターを施し、通常CDプレーヤーで再生できる高音質フォーマットであるXRCDとして復刻。玄人御用達、数ある『平均律』録音の中でも随一と言ってよい名盤を、より良い音でお楽しみ頂けるようになりました!
★ホルショフスキーにとって『平均律』の唯一の録音となるのがこの第1巻。録音時、御年すでに80代後半ですが、表現力はまったく衰えるところなく感動的。非常に端正な演奏で、淀みのない洗練された音の運び、過度な表情付けの無い折り目正しいフレージングがとても美しいです。テンポは緩やかに揺れ動き、重要なフレーズには自然な重みが加わります。ペダルはほとんど使っておらず、それぞれの声部が繊細かつ軽やかに浮き立ち対話しています。語るべきことを語り切っていながらも、冷たく突き放さず、温かく迎え入れてくれるようなバッハ。永く名盤とされてきたのもうなずける素晴らしい演奏です。
★ホルショフスキーは1892年生まれのポーランドのピアニスト。母親はショパンの弟子カロル・ミクリに学んだピアニストでした。彼はその母から手ほどきを受けたのち、ウィーンでツェルニーの弟子テオドール・レシェティツキに師事。そして10歳になるかならないかでワルシャワ・フィルと共演、ベートーヴェンの第1協奏曲を弾き本格デビューを飾り、神童として名を馳せます。ヨアヒムやフォーレに演奏を聴かせたり、カザルス、トスカニーニ、グラナドスといった音楽家と知り合ったり、『春の祭典』の初演を聴いたりと、ホルショフスキーの若き日々にはおおいなる時代を感じます。以降、演奏・教育ともに充実した音楽活動を長く続け、晩年はソロ・ピアニストとしてふたたび脚光を浴び、95歳のときに初来日。1993年、100歳で亡くなるまで各所で精力的にリサイタルを続けました。

4589696060094