モーツァルト:レクイエム ニ短調 K.626

GS-2188
  • 発売前
  • アーティスト:ブルーノ・ワルター
  • レーベル:GRAND SLAM
  • 品番:GS-2188
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 録音情報など:モノラル
  • 発売予定時期:2018年8月中旬

ワルター&ニューヨーク・フィル
モーツァルトの「レクイエム」、
見違える情報量で蘇る!

収録曲

モーツァルト:レクイエム ニ短調 K.626

ブルーノ・ワルター(指揮)、ニューヨーク・フィルハーモニック 
ウエストミンスター合唱団(合唱指揮:ジョン・フィンレイ・ウィリアムソン)
イルムガルト・ゼーフリート(ソプラノ)、ジェニー・トゥーレル(アルト)、
レオポルド・シモノー(テノール)、ウィリアム・ウォーフィールド(バス)
セッション録音:1956年3月10&12日/カーネギーホール(ニューヨーク)
使用音源: Private archive(2トラック、38センチ、オープンリール・テープ)

■制作者より
モーツァルトの生誕200年を記念して録音されたワルター&ニューヨーク・フィルのモーツァルトの「レクイエム」は、モノラルではありますが、今日もなおこの曲の最も重要な演奏として人気があります。今回もまた2トラック、38センチのオープンリール・テープを使用して復刻しましたが、その再生音は全く驚くべきものです。音像は異様なほど前に出て来て、前後、左右、天地の響きの広がりも圧倒的です。低弦のゴツゴツした音も生々しいほどに聴き取れます。宇野功芳著『名指揮者ワルターの名盤駄盤』(講談社+α文庫/絶版)には「いくぶん生々しさ〈汚さ〉に欠ける不満はあるが」とありますが、おそらく当CDではそうした不満が解消されることでしょう。また、この録音セッションで撮影された貴重な写真が知られていますが、ほとんどのLP、CDにはこれらが掲載されなくなっています。これではちょっと寂しいので、当解説書ではそれを復活させました。なお、当CDには対訳が付いていません。ご了承下さい。(平林 直哉)

4909346309241