シューマン(1810-1856):「孤独」~歌曲集

HMM-902243
  • 発売中
  • アーティスト:マティアス・ゲルネ
  • レーベル:HARMONIAMUNDI
  • 品番:HMM-902243
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


世界のバリトン、ゲルネ最新盤
シューマンの深遠なる世界を歌う

収録曲

シューマン(1810-1856):「孤独」~歌曲集

・「私のばら」「出会いと別れ」「牛飼のおとめ」「孤独」「重苦しい夕べ」「レクイエム」(‘6つの詩とレクイエム’op.90より)
・「世捨て人」op.83-3(3つの詩より)
・「はすの花」「君は花のごとく」「孤独な涙よなぜ?」(‘ミルテの花’op.25より)
・「天は一滴の涙を落とし」Op.37-1
・「僕の美しい星よ」op.101-4
・「夜の歌」op.96-1
・「夕べの空は荒れて」「秘密の失踪」「秋の歌」「森との別れ」「戸外へ」(‘6つの歌’op.89より)
・「夕べの歌」op.107-6

マティアス・ゲルネ(バリトン)
マルクス・ヒンターホイザー(ピアノ)
録音:2015年3月/テルデックス・スタジオ(ベルリン)

★シューベルト・エディション(HMX 2908750/KKC 8663)でも、リート奏者としての地位をあらためて世界に知らしめたゲルネが、シューマンの歌曲から19作を録音しました。シューマンの結婚の年(1840)に作曲された‘ミルテの花’は幸福感に満ち、レーナウ(1802-1850)への追悼として書かれた‘6つの詩とレクイエム’op.90(1850)の歌曲には暗い絶望が漂うなど、シューマンの歌曲には、その時々の心の状態が色濃く反映されており、しかもどれも高い芸術性をほこっています。ゲルネはシューマンの生涯をたどるような示唆に富んだプログラムを通じて、シューマンの歌曲の世界を掘り下げています。そして完璧なコントロールに圧倒されます。ザルツブルク音楽祭の音楽監督も務めるピアニスト、ヒンターホイザーがゲルネの歌の世界をさらに深みのあるものにしています。

3149020224328

Back to Top ↑