J.S.バッハ:バスのためのカンタータ集

HMM-902323
  • 発売中
  • アーティスト:マティアス・ゲルネ
  • レーベル:HARMONIAMUNDI
  • 品番:HMM-902323
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD


現代最高のバリトン、マティアス・ゲルネによる
バッハのソロ・カンタータの登場

収録曲

J.S.バッハ:バスのためのカンタータ集

・シンフォニア(カンタータ第21番「わがうちに憂いは満ちぬ」BWV 21より)
・カンタータ第56番「われは喜びて十字架を負わん」BWV 56
・オーボエ・ダモーレ協奏曲 BWV 1055(1台のチェンバロのための協奏曲第4番 イ長調 BWV 1055)
・カンタータ第82番「われは満ち足れり」BWV 82

マティアス・ゲルネ(バリトン)
カタリーナ・アルフケン(オーボエ、オーボエ・ダモーレ)
フライブルク・バロック・オーケストラ
ゴットフリート・フォン・デア・ゴルツ(指揮、ヴァイオリン)
合唱:クリスティーナ・ローターベルク(ソプラノ)、イザベル・レヤル(アルト)、
フロリアン・フェス(テノール)
録音:2017年2月、テルデックス・スタジオ、ベルリン

★ドイツ・リート現代最高の歌手の一人マティアス・ゲルネによる、バッハのソロ・カンタータ集の登場です。管弦楽はフライブルク・バロック・オーケストラがつとめており、オーボエ・ダモーレ協奏曲およびカンタータのシンフォニアも収録されているといううれしいプログラムとなっています。
★カンタータ第56番は、広く知られた名曲で、苦難に満ちた人生は、死という安らかな港にたどりつくことによって初めて救済に導かれる、という内容。「十字架」と「ため息」の動機から構成された前奏に続き、バリトン・ソロが加わり5声部で展開される第1曲から、終曲コラールでは最後に合唱が加わるなど、バッハの創意と充実の筆致が魅力です。カンタータ第82番も安らかな死をうたったもので、オーボエの活躍も印象にのこる、56番とならび広く愛される名作です。オーボエ・ダモーレ協奏曲は、チェンバロ協奏曲第4番の原曲と考えられるもの。ここでも名手ぞろいのフライブルク・バロック・オーケストラのメンバー、オーボエ奏者のカタリーナ・アルフケンの演奏が光ります。

関連商品

  • ヘンデル:ニ重協奏曲(2つの合奏体のための協奏曲)集
    HMM-905272
  • メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲、交響曲第5番「宗教改革…
    KKC-5788
  • シューマン:「孤独」~歌曲集
    KKC-5770
  • メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲、交響曲第5番「宗教改革…
    HMM-902325
  • ヘンデル:オペラ・アリア集
    HMA-1902077
  • J.S.バッハ:ソプラノのためのカンタータ集
    HMM-902252
  • シューマン(1810-1856):「孤独」~歌曲集
    HMM-902243
  • シューベルト: 歌曲集「冬の旅」 (85分)
    KKC-9209

3149020232323