ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集vol.1

HMM-902400
  • 発売中
  • アーティスト:カザルス弦楽四重奏団
  • レーベル:HARMONIAMUNDI
  • 品番:HMM-902400
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:3CD


結成20年 カザルス弦楽四重奏団
あたたかくも高貴な
親密なアンサンブルによるベートーヴェン

収録曲

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集 vol.1≪インヴェンション(発明)≫

[CD1]弦楽四重奏曲第1番 ヘ長調 op.18-1、第3番 ニ長調 op.18-3、第4番 ハ短調 op.18-4
[CD2]ピアノ・ソナタ第9番 ヘ長調 op.14-1(ベートーヴェン自身による弦楽四重奏編曲版)、
   弦楽四重奏曲第7番 ヘ長調 op.59-1(ラズモフスキー第1番)
[CD3]弦楽四重奏曲第12番 変ホ長調 op.127、第16番 ヘ長調 op.135

カザルス弦楽四重奏団
〔ヴェラ・マルティネス・メーナー(Vn)、アベル・トマス・レアルプ(Vn)、
ジョナサン・ブラウン(Vla)、アルノー・トマス・レアルプ(Vc)〕
録音:2015年9月7-10日、2016年2月1-2日、2017年10月13-14日/テルデックス・スタジオ・ベルリン

★1997年に結成されたカザルス弦楽四重奏団による、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集の第1弾。2020年ベートーヴェン生誕250周年に向けての全集シリーズが始動しました。第1弾となる当ボックスは「インヴェンション」と題し、第1番、そして最後の第16番が収録されているほか、ピアノ・ソナタのベートーヴェン自身による弦楽四重奏編曲版も収録されているという興味深いプログラミングです。作品18から次の四重奏曲第7番(ラズモフスキー)を作曲するまでには6年という歳月が流れておりますが、ベートーヴェンはその間にも充実の作品を書いており、音楽語法はより豊かなものになっています。さらに、最後の弦楽四重奏曲もあわせて聴くことにより、ベートーヴェンの語法の変化を感じることができます。
メンバーのジョナサン・ブラウンは「弦楽四重奏は、家族のように、そのメンバーたちにはわかるボキャブラリーがある。他のメンバーがこのフレーズの後にちょっと長めに息を入れたい、とか、他のメンバーが16小節先のところでニュアンスを変えたい、と思っていることが、いつもシグナルのように発信されていて、メンバーたちは常にそれをキャッチしながら音楽を進めている。弦楽四重奏で演奏するということは、自分の音楽ビジョンを明確に発信するとともに、他の3人の考えももらさずキャッチしなければならない」と語っています。カザルス弦楽四重奏団のまるで家族のようなアンサンブルが展開する、あたたかくも高貴なベートーヴェン、続編がたのしみです。

トピックス

サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン
カザルス弦楽四重奏団
ベートーヴェン・サイクル<ベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲>演奏会(全6回)

サントリーホール(ブルーローズ)
6月7日(木)19:00開演
6月8日(金)19:00開演
6月9日(土)13:00開演/19:00開演
6月10日(日)13:00開演/19:00開演

3149020933701

Back to Top ↑