J.S.バッハ:鍵盤のための作品全集 vol.1~若き継承者

HMM-902450
  • 発売中
  • アーティスト:バンジャマン・アラール
  • レーベル:HARMONIAMUNDI
  • 品番:HMM-902450
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:3CD


注目の鍵盤奏者、バンジャマン・アラール
バッハの鍵盤作品全てを
オルガンとチェンバロで録音するプロジェクト第1弾!

収録曲

J.S.バッハ:鍵盤のための作品全集 vol.1~若き継承者

[CD1]オルドルフ時代
1. ヨハン・ミヒャエル・バッハ(1648-1694):コラール「いざ来ませ、異邦人の救い主よ」
J.S.バッハ(1685-1750):
2. ファンタジア ハ長調 BWV570
3. コラール「いざ来ませ、異邦人の救い主よ」ハ長調 BWV 700
4. フレスコバルディ(1583-1643):ベルガマスク F12.46(*)
5. ヨーハン・クリストフ・バッハ(1642-1703):プレリュードとフーガ 変ホ長調(*)
6. クーナウ(1660-1752):ソナタ第4番「Hiskia agonizzante e risanato」(*)
7. J.S. バッハ:コラール「古き年は過ぎ去りぬ」BWV 1091
8. J.S. バッハ:コラール「わがことを神にゆだね」BWV 1113
9. ゲオルク・ベーム(1661-1833):コラール「天にましますわれらの父よ」
J.S.バッハ:
10. コラール「キリストこそわが生命」BWV 1112
11. アルビノーニの主題に基づくフーガ ハ長調 BWV 946
12. フーガ イ長調 BWV 949(*)
13. コラール「源流を求めて」BWV 1119
14. コラール「キリストよ、受難せる汝に栄光あれ」BWV 1097
15. コラール「神の子は来たりたまえり」BWV 724
16. コラール「おお、イエスよ、いかに汝の姿は」BWV 1094
17. フローベルガー(1616-1667):カンツォーナ(*)
18. パッヘルベル(1653-1706):コラール「バビロンの流れのほとりに」
19. ルイ・マルシャン(1669-1732):組曲 ニ短調よりプレリュード、サラバンド、シャコンヌ(*)
20. J.S. バッハ:プレリュードとフーガ イ短調 BWV 551
21. ニコラ・ド・グリニー(1672-1703):グラン・ジューのポワン・ドルグ

使用楽器:
(*) チェンバロ(エミール・ジョバン、
1612年ルッカース&ジョアンヌ・ドゥルケン(1747)モデル)
オルガン(ストラスブール、聖オーレリー教会、1718年ジルバーマン)

ジェルリンド・ゼーマン(ソプラノ)(3, 7, 8, 10, 13, 14, 15, 16)

[CD2]リューネブルク時代
J.S.バッハ:
1. プレリュードとフーガ ニ短調 BWV 549a
2. Choral “Ach Gott, vom Himmel sieh darein” BWV 741 4’30
3. コラール “Jesu, meine Freude” BWV 1105 3’10
4. コラール「主なる神よ、いざ天の扉を開きたまえ」BWV 1092
5. コラール「目覚めよ、わが心よ」BWV 1118
6. コラール「神よ、汝のいつくしみによりてわれを遇いたまえ」に基づくフーガ BWV 957
7. コラール「われ、心より汝を愛す、おお主よ」BWV 1115
8. カプリッチョ ホ長調(「ヨーハン・クリストフ・バッハを讃えて」)BWV 993
9. ソナタ イ短調 BWV 967 (*)
10. フーガ イ短調 BWV 947 (*)
11. 前奏曲とフーガ イ長調 BWV 896(平均律クラヴィーア曲集第2巻より)(*)
12. コラール「主イエス・キリスト、汝こよなき宝」 BWV 1114 (*)
13. コラール「人はみな死すべきさだめ」BWV 1117
14. パルティータ「ああ、罪人なるわれ、何をすべきか」 BWV 770
15. コラール「神なしたもう御業こそいと善けれ」 BWV 1116
16. コラール「深き淵より、われ汝に呼ばわる」BWV 1099
17. コラール「いまぞ身を葬らん」BWV 1111
18. 前奏曲とフーガ ハ長調 BWV 531

使用楽器:
(*) チェンバロ(エミール・ジョバン、
1612年ルッカース&ジョアンヌ・ドゥルケン(1747)モデル)
オルガン(ストラスブール、聖オーレリー教会、1718年ジルバーマン)

ジェルリンド・ゼーマン(ソプラノ)(3, 5, 6, 7, 12, 13, 15, 16, 17)

[CD3]アルンシュタット時代
J.S.バッハ:
1. ファンタジー ハ短調 BWV 1121(*)
2. カプリッリョ 変ロ長調(『最愛の兄の旅立ちに寄せて』)BWV 992
3. 第3旋法によるプレリュードとパルティータ ヘ長調 BWV 833(*)
4. 組曲 イ長調 BWV 832(*)
5. アリアと変奏 イ短調 BWV 989(*)
6. プレリュードとフーガ ト短調 BWV 535a
7. ソナタ ニ長調 BWV 963(*)
8. フーガ イ長調 BWV 950(*)
9. ファンタジー ト長調 BWV 571
10. プレリュードとフーガ ホ短調 BWV 533(*)
11. プレリュード(ファンタジア)と模倣曲 ロ短調 BWV 563(*)
12. アルビノーニの主題に基づくフーガ ロ短調 BWV 951a(*)

使用楽器:
(*) チェンバロ(エミール・ジョバン、
1612年ルッカース&ジョアンヌ・ドゥルケン(1747)モデル)
オルガン(ストラスブール、聖オーレリー教会、1718年ジルバーマン)

ジェルリンド・ゼーマン(ソプラノ)(3, 5, 6, 7, 12, 13, 15, 16, 17)

バンジャマン・アラール(オルガンとチェンバロ)

★注目の鍵盤奏者バンジャマン・アラールによる、J.S.バッハの鍵盤作品を全て録音するプロジェクトの第1弾!作曲年代順に、J.S.バッハのチェンバロとオルガンの作品両方を一人の演奏家が演奏するという壮大なプロジェクトです。この第1弾では、1699年から1705年の間の作品(J.S.バッハが10代で作曲したもの)を収録。早熟なバッハの才能と感性が遺憾なく発揮された作品ばかりです。CD1では、アルンシュタットでの最初のポスト、オルガニストとしての驚くべき能力が詰め込まれた作品や、先人たちへ敬意とその作品への探求の度合いも並大抵のものではなかったことが感じられる作品が並び、我々のバッハの世界への耳があらためてひらかれるようです。オルガンの音色もチェンバロの音色もハルモニアムンディの最良の録音、そしてコラール楽曲で参加しているソプラノの歌声も清らか。少年バッハの驚異的世界を堪能できます。
★バンジャマン・アラールは1985年生まれ、2004年のブルージュ国際チェンバロコンクールで第1位を獲得しています。バーゼル音楽院で、アンドレア・マルコンらに師事しています。2005年から教会のオルガン奏者も務める傍ら、クイケン率いるラ・プティット・バンドで通奏低音奏者として活躍するほか、ソリストとしても活躍しています。アルファなどのレーベルからも既にディスクを発売しており、いずれも高く評価されています。

3149020245026