そして鐘は鳴る

KKC-045
  • 発売中
  • アーティスト:赤松林太郎
  • レーベル:KING INTERNATIONAL
  • (国内企画)
  • 品番:KKC-045
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 録音情報など:D D D
  • 付属品:日本語帯・解説付

オーケストラのような迫力と表現力。
赤松林太郎待望の第3弾は「鐘」の音楽

収録曲

そして鐘は鳴る

1. ペルト:アリーナのために
2. ヘンデル:幻想曲 ハ長調 HWV.490
3. モーツァルト(リスト編曲):アヴェ・ヴェルム・コルプス KV.618
4. シューマン:蝶々Op.2
5. グラナドス:嘆き、またはマハと夜鳴きうぐいす
6. マリピエロ:クロード・ドビュッシーのために
7. ドビュッシー:喜びの島
8. スクリャービン:左手のための前奏曲とノクターンOp.9
9. 同:詩曲Op.32の1
10. ラフマニノフ:前奏曲嬰ハ短調Op.3の2「鐘」
11. レーガー:クリスマスの夢Op.17の9

赤松林太郎(ピアノ) 使用楽器:YAMAHA CFX
[録音:2016年8月8日、9日 神戸市立北神区民センターありまホール]

★リリースするディスクすべてが強烈な印象を残す赤松林太郎。圧倒的な存在感と説得力あふれる解釈が高い評価を受ける彼の第3弾。
★演奏活動のかたわら、エッセイストとして新聞や雑誌にも連載を持ち、「美しいキモノ」ではモデルも務めるマルチ・タレントです。派手な技巧に加え、聴く人をとらえて離さない不思議なオーラを持つ貴重な存在。
★テーマは「鐘」。ヨーロッパの人々にとって鐘は共同体と結びつき、人々の心の拠り所でした。鐘はヨーロッパ音的風景の根幹にあるもので人の心を動かしてやまないため、作曲家は様々な鐘の音を音楽に織りこんでいます。
★このアルバムは鐘の音にかかわる音楽を集めています。夏の夜に、雪深き聖夜に。歓喜の鐘、あるいは弔鐘。ときにきらびやかに、ときに澄んでささやかに、ときにはまったく重々しいなど、さまざまな鐘の音がピアノ音楽となっています。
★赤松林太郎のピアノ演奏は管弦楽を彷彿とさせる交響的なもので、大きな音楽の作り方に特色があります。響きはなめらかでときに官能的。心の歌を奏でます。

関連商品

  • KKC-038 ピアソラの天使~ピアソラ・オン・ピアノ
    KKC-038
  • KKC-036 ふたりのドメニコ
    KKC-036

4909346012561