チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番

KKC-1103
  • 発売中
  • アーティスト:ダニール・トリフォノフ
  • レーベル:KING INTERNATIONAL
  • (国内仕様)
  • 品番:KKC-1103/4
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:¥4,000 + 税
  • 形態:2LP

  • 付属品:輸入盤・日本語帯・解説付

ゲルギエフと旬のピアニスト、トリフォノフとのチャイコフスキー

収録曲

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番変ロ短調 Op.23*
A面(20’52)
 第1楽章:アレグロ・ノン・トロッポ・エ・モルト・マエストーソ~アレグロ・コン・スピリート
B面(13’38)
 第2楽章:アンダンティーノ・センプリーチェ
 第3楽章:アレグロ・コン・フォーコ

C面(19’42)
チャイコフスキー:少しショパン風に Op.72-15
ショパン:舟歌 Op.60
シューベルト/リスト編:魔王
シューベルト/リスト編:春の思い

D面(16’13)
シューベルト/リスト編:ます
シューベルト/リスト編:水の上で歌う
シューベルト/リスト編:町
シューマン/リスト編:献呈
[ボーナス]
ムソルグスキー:ゴパック

ダニール・トリフォノフ(ピアノ)
マリインスキー劇場管弦楽団* ワレリー・ゲルギエフ(指揮)*
録音:2011年10月25日&12月30日*、2011年10月26日&2012年1月24日、4月12日、
サンクト・ペテルブルク、マリインスキー・コンサート・ホール

★トリフォノフとゲルギエフのチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番が遂にLP化。
2011年に行われた第14回チャイコフスキー国際コンクール、ピアノ部門優勝のダニール・トリフォノフは1991年生まれ、グネシン音楽学校でタチヤナ・ゼリクマン(リフシッツやコブリンを育てた名伯楽)に師事。現在21歳の若さながら、2010年の第16回ショパン国際コンクール第3位、2011年のルビンシュタイン国際コンクール優勝、そして同年第14回チャイコフスキー国際コンクール優勝という輝かしい経歴を誇る天才。かのアルゲリッチが「彼の手から生み出されるテクニックは信じ難いものです。そして彼のタッチ。柔らかさに悪魔性もはらみ、私はかつてこのようなものを聴いたことがありません」と絶賛。アルゲリッチのみならず、ゲルギエフも彼を絶賛。
ショパン作品を得意とするトリフォノフのスタイルは繊細極まる「ピアノの詩人」ですが、ロシア・ピアニズムの系譜らしいぞっとするような超絶技巧も示します。チャイコフスキーの協奏曲はまさにピッタリで、鳥肌が立つほど興奮をさせられます。また得意のショパンの『舟歌』もデリケート極まりなく絶品。さらにリスト編曲の歌曲編曲では、トリフォノフならではの美しいタッチと歌心に酔わされますが、リスト特有の豪快な技巧も爽快。LPでは、トリフォノフのタッチが細部まで表現され、さらにLPだけの特別トラックとしてムソルグスキーのゴパックも収録。

関連商品

  • ヴェルビエ音楽祭20周年記念コンサート
    KKC-9116
  • ヴェルビエ音楽祭20周年記念コンサート
    20-60658

4909346015067