ショスタコーヴィチ:交響曲第9番変ホ長調Op.70 、 ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調Op.77

MAR-0524
  • 発売中
  • レコード芸術特選盤
  • アーティスト:レオニダス・カヴァコス、ワレリー・ゲルギエフ
  • レーベル:MARIINSKY
  • (国内仕様)
  • 品番:KKC-5474
  • 原盤品番:MAR-0524
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:¥3,000+税
  • 形態:SACD Hybrid

  • 付属品:輸入盤・日本語帯・解説付

収録曲

ショスタコーヴィチ:
交響曲第9番変ホ長調Op.70
ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調Op.77*

レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)*
マリインスキー歌劇場管弦楽団 ワレリー・ゲルギエフ(指揮)
録音:2012年6月16,18日(Op.70)、6月17,18日(Op.77)
サンクト・ペテルブルク、マリインスキー・コンサート・ホール(ライヴ)

★ゲルギエフ&マリインスキー歌劇場管がショスタコーヴィチの交響曲第9番を再録しました。旧録のフィリップス盤は2002年5月録音で、発売時「レコード芸術」誌特選に輝きました。その際は交響曲第5番とのカップリングでしたが、批評では第9番の演奏の方がおおむね高い評価を受けていて、ゲルギエフ向きの作品とみなされていました。今回は10年を経て、ゲルギエフの円熟ぶりはもちろん、手兵マリインスキー歌劇場管を完全に手中に収め変幻自在な神業を示しています。カップリングはレオニダス・カヴァコスを独奏者に迎えたヴァイオリン協奏曲第1番というのも注目です。ショスタコーヴィチの交響曲第9番は、第2次世界大戦の勝利を祝うために1945年に作曲され、ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィルにより初演されましたが、勝利を祝う壁画的作品を期待されていたにもかかわらず、軽妙で人を小馬鹿にしたような作風だったため、ショスタコーヴィチは強い非難を受けることとなりました。初演者ムラヴィンスキーも不快感を示し、その後演奏しなかったため録音が残っていません。
今回の新録音は前回以上の円熟と自在ぶりを示し、ショスタコーヴィチの屈折した心を絶妙に表現、決して軽妙な音楽でない驚くべき境地を見せています。さらにヴァイオリン協奏曲第1番ではゲルギエフお気に入りのカヴァコスが、異様な緊張感を持続、精妙極まりない第3楽章のパッサカリアではゲルギエフの魔術全開。協奏曲というよりヴァイオリン独奏を含む交響曲のような仕上がりとなっています

◆レコード芸術 2015年12月号 特選盤

関連商品

  • LSO-0784 ラフマニノフ:交響曲第1番ニ短調、バラキレフ:交響詩「タマー…
    KKC-5706
  • LSO-5078 LSOアメリカ・ライヴ
    KKC-5707/08
  • MAR-0594 ストラヴィンスキー:バレエ音楽「ペトルーシュカ」(オリジナル…
    MAR-0594
  • MAR-0592 プロコフィエフ:歌劇「セミヨン・コトコ」Op.81
    KKC-9200/01
  • MAR-0577 セルゲイ・プロコフィエフ(1891-1953):ピアノ協奏曲…
    KKC-5660/61
  • MAR-0593 チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」、交響曲第4番…
    MAR-0593
  • LSO-5078 LSOアメリカ・ライヴ
    LSO-5078
  • MAR-0592 プロコフィエフ:歌劇「セミヨン・コトコ」Op.81
    MAR-0592

4909346010604