セルゲイ・プロコフィエフ(1891-1953):ピアノ協奏曲第4、5番、交響曲第4、6、7番

MAR-0577
  • 発売中
  • レコード芸術特選盤
  • アーティスト:ワレリー・ゲルギエフ
  • レーベル:MARIINSKY
  • (国内仕様)
  • 品番:KKC-5660/61
  • 原盤品番:MAR-0577
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:¥4,000+税
  • 形態:2SACD Hybrid

  • 付属品:輸入盤・日本語帯・解説付

収録曲

セルゲイ・プロコフィエフ(1891-1953)
DISC1 (81’02)
ピアノ協奏曲第4番変ロ長調Op.53
ピアノ協奏曲第5番ト長調Op.55
交響曲第4番ハ長調(1947年版)Op.112

DISC2(77’22)
交響曲第6番変ホ短調Op.111
交響曲第7番嬰ハ短調Op.131「青春」

レクセイ・ヴォロディン(ピアノ/Op.53)、セルゲイ・ババヤン(ピアノ/Op.55)
ワレリー・ゲルギエフ(指揮)マリインスキー劇場管弦楽団
録音:2015年4月6-9日(Op.47,Op.111)、2012年4月25日(Op.131,Op.55)、2015年9月13日(Op.53)
マリインスキー・コンサート・ホール(ライヴ)

★ゲルギエフは、2004年5月にロンドン交響楽団と全交響曲をライヴ録音していますが、約10年を経て再挑戦。いずれも得意曲なうえ、今回は手兵マリインスキー劇場管であることもあり、演奏は極めて自然かつ熱く、著しい円熟がうかがえます。ムラヴィンスキーの決定的名演で知られる6番も、ゲルギエフならではの流儀でプロコフィエフの心の闇を表現。驚くべきは第1ヴァイオリンが完璧に揃い、あたかも巨大なヴァイオリン1本で弾いているかのように聴こえること。ゲルギエフの統率力が光ります。プロコフィエフ最後の交響曲にあたる第7番も、これまであるどの演奏よりも骨太で聴き応え満点。フィナーレのやんちゃぶりは35年前に作られた「古典交響曲」を思わせ、プロコフィエフの作風が基本的に変わっていないことを認識させてくれる凄さです。
★新シリーズの魅力は、ピアノ協奏曲も収録されていること。ラヴェルの協奏曲のエピソードで有名なパウル・ヴィトゲンシュタインの依頼で1931年に作曲された第4番は、技術的にも内容的にもヴィトゲンシュタインの手に負えなかった難曲。ゲルギエフお気に入りの1977年生まれのアレクセイ・ヴォロディンが、活気あふれる快演を繰り広げていて、プロコフィエフのピアノ協奏曲のなかでは弾かれることの少ないものの、非常に魅力的な作品であることを再認識させてくれます。もうひとつの第5番は1932年の作で、プロコフィエフ自身が独奏を務めた初演の際に、指揮を担ったのは何とフルトヴェングラーでした。この作品も曲芸なみの難技巧が要求され、演奏機会も多いとは言えません。アルメニアの名手セルゲイ・ババヤンが超絶技巧を発揮、すさまじい効果をあげています。

◆レコード芸術 2017年1月号 特選盤

関連商品

  • リムスキー=コルサコフ:歌劇「金鶏」
    MAR-0596
  • リムスキー=コルサコフ:歌劇「金鶏」
    KKC-9228/29
  • ラフマニノフ:交響曲第1番ニ短調、バラキレフ:交響詩「タマー…
    KKC-5706
  • LSOアメリカ・ライヴ
    KKC-5707/08
  • ストラヴィンスキー:バレエ音楽「ペトルーシュカ」(オリジナル…
    MAR-0594
  • プロコフィエフ:歌劇「セミヨン・コトコ」Op.81
    KKC-9200/01
  • チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」、交響曲第4番…
    MAR-0593
  • LSOアメリカ・ライヴ
    LSO-5078

4909346012509