ラモー:歌劇「イポリートとアリシー」組曲、ベルリオーズ:幻想交響曲 op.14

HMC-902244
  • 発売中
  • アーティスト:ダニエル・ハーディング
  • レーベル:HARMONIAMUNDI
  • (国内仕様)
  • 品番:KKC-5669
  • 原盤品番:HMC-902244
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:¥3,000+税
  • 形態:CD

  • 付属品:輸入盤・日本語帯・解説付

ハーディング、ラモーとベルリオーズの作品に真向勝負!

収録曲

ラモー(1683-1764):歌劇「イポリートとアリシー」組曲
ベルリオーズ(1803-1869):幻想交響曲 op.14

ダニエル・ハーディング(指揮)スウェーデン放送交響楽団
録音:2015年10月、ベルワルト・ホール(ストックホルム)

★充実著しいハーディングによる注目のアルバムの登場。1975年生まれのダニエル・ハーディング。2016-17シーズンからはパリ管弦楽団の音楽監督にも就任、ますますの充実ぶりで世界が注目しています。ここで共演しているスウェーデン放送響でも2007年から音楽監督を務めてほぼ10年、互いに好相性なのは、イザベル・ファウストと共演したバルトークのヴァイオリン協奏曲(HMC 902146/ KKC 5384)などでも既に広く知られるところです。
★ここでハーディングが取り上げたのは、バロックの大家ラモーと、ロマン派の極みのベルリオーズ。いっけん遠い存在のようですが、歌劇「イポリートとアリシー」の初演が1733年、「幻想交響曲」の初演が1830年と、主要作品の初演で考えると100年も離れていません。イポリートとアリシーは1733年10月にラモー初のトラジェディ・リリックとして初演されましたが、この作品で、ラモーは、アリアと合唱の役割を再考し、舞曲と描写的な管弦楽曲で、器楽の面でも革命をおこしました。いっぽうの幻想交響曲も、具体的な表現の対象をもつ標題音楽の先がけとして、固定楽想などの革新的な技法が用いられています。ハーディングはそれぞれの作品のドラマを際立たせながら、刺激的なハーモニーやリズムなど、オーケストラを巧みに導きながら効果的に響かせています。フランスの巨匠による重要作品の核心に迫る演奏です。

関連商品

  • R.ワーグナー/ザ・ワーグナー・プロジェクト
    HMM-902250
  • ラモー(1683-1764):歌劇「イポリートとアリシー」組…
    HMC-902244
  • ブラームス: ピアノ協奏曲第1番、4つのバラードOp.10
    KKC-5622
  • ブラームス: ピアノ協奏曲第1番、4つのバラードOp.10
    HMC-902191
  • ホライゾン7
    RCO-16003
  • 花から花へ
    BIS SA-2112
  • バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番
    KKC-5384

4909346012639