メンデルスゾーン: 交響曲第3番、4番

HMC-902228
  • 発売中
  • アーティスト:パブロ・エラス=カサド
  • レーベル:HARMONIAMUNDI
  • (国内仕様)
  • 品番:KKC-5695
  • 原盤品番:HMC-902228
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:¥3,000+税
  • 形態:CD

  • 付属品:輸入盤・日本語帯・解説付

エラス=カサドの
メンデルスゾーン第2 弾「スコットランド」&「イタリア」

収録曲

メンデルスゾーン:
交響曲第3番イ短調OP.56「スコットランド」
交響曲第4番イ長調OP.90「イタリア」

パブロ・エラス=カサド(指揮)フライブルク・バロック・オーケストラ
録音:2015年3月スペイン、オーディトリオ・イ・セントロ・デ・コングレス、ムルシア

★注目のスペイン人指揮者パブロ・エラス=カサドによるメンデルスゾーン第2弾。第1弾は、バイエルン放送響との「賛歌」(HMC902151/KKC5407)でしたが、今回は「古楽界のベルリン・フィル」とも称されるフライブルク・バロック・オーケストラとの演奏で、「スコットランド」と「イタリア」を収録しました。
エラス=カサドは、2011年本家ベルリン・フィルにデビューした際も「スコットランド」を取り上げており、本アルバムでも力演を聴かせてくれています。
1829年にメンデルスゾーンがスコットランドへ旅行した時の印象を書いた交響曲第3番「スコットランド」は、詩的な叙情を湛えた美しい旋律が魅力で、大変人気のある作品です。そしてメンデルスゾーンの5曲の番号付き交響曲のうち「スコットランド」とともに有名なのが交響曲第4番「イタリア」です。1830/31年にイタリアへ旅した際に作曲に取りかかっており、明るく躍動感に満ちたリズムと魅力的な旋律はメンデルスゾーンの代名詞といってもよいでしょう。
エラス=カサドは知的な解釈とスピード感溢れる指揮が特徴です。各パート間の流れを際立たせ、各楽器のバランスの取り方が見事で、作品のすみずみまでを見渡すことのできる情報量の多さ、そしてメンデルスゾーンの品格と快活さを失わない音楽を作り上げています。

関連商品

  • チャイコフスキー:交響曲第1番
    KKC-5759
  • チャイコフスキー: 交響曲第1番
    HMC-902220
  • ヴェルディ:歌劇「椿姫」全曲
    KKC-9199
  • ヴェルディ:歌劇「椿姫」全曲
    KKC-9198
  • ヴェルディ:歌劇「椿姫」全曲
    73-3708
  • ヴェルディ:歌劇「椿姫」全曲
    73-3804
  • ロベルト・シューマン: チェロ協奏曲 イ短調、ピアノ三重奏曲…
    KKC-5618
  • ロベルト・シューマン: チェロ協奏曲 イ短調、ピアノ三重奏曲…
    HMC-902197

4909346013001