メンデルスゾーン:交響曲第1番、第3番「スコットランド」

PTC-5186595
  • 発売中
  • アーティスト:アンドルー・マンゼ
  • レーベル:PENTATONE
  • (国内仕様)
  • 品番:KKC-5767
  • 原盤品番:PTC-5186595
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:¥3,000 + 税 
  • 形態:SACD Hybrid

  • 付属品:輸入盤・日本語帯・解説付

収録曲

メンデルスゾーン:
交響曲第1番ハ短調 Op.11
交響曲第3番イ短調『スコットランド』 Op.56

アンドルー・マンゼ(指揮)
ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団
録音:2016年1月/ハノーファー

★もともと高名な古楽ヴァイオリニストとして知られていたマンゼですが、近年指揮者としての活躍も目覚ましく、2014年からはハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団で首席指揮者を務めています。このたびPENTATONEレーベルより、当コンビ初の録音が登場しました。シューマンをして「19世紀のモーツァルト」と言わしめた天才メンデルスゾーンのシンフォニーを2曲収録。突き抜けるような明るさと焼けるような熱量を併せ持つ、切れのあるマンゼ節が聴きものです。
★第1番はメンデルスゾーン15歳の時の作品で、既に12曲の『弦楽のための交響曲』を書いているとはいえ2管編成フル・オーケストラを用いた初の交響曲。にもかかわらず早熟の天才ぶりが眩しい音楽です。バロック的書法を思わせる楽想もあり、こういった箇所でのマンゼの生き生きとした音運びはやはりさすがと言えます。美しく抒情的な旋律で人気の『スコットランド』も、マンゼの手にかかると切れのある白熱の演奏に。オーケストラの力量も高く、素早いメロディを完璧に吹きこなす管楽器の機動力には舌を巻きます。そして第4楽章冒頭の弦楽器の刻みの鋭さ!付点リズムを強調した主題がまた鮮烈、針のように尖った実にスリリングな演奏です。

4909346013858