J.S.バッハ:世俗カンタータVol.2

KKC-5796
  • 発売中
  • アーティスト:鈴木雅明
  • レーベル:KING INTERNATIONAL
  • (国内仕様)
  • 品番:KKC-5796
  • 原盤品番:BIS SA-1971
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:¥3,000 + 税 
  • 形態:SACD Hybrid

  • 録音情報など:5.0 Surround sound
  • 収録時間:74:40
  • 付属品:輸入盤・日本語帯・解説・対訳付

まるでオペラ、BCJメンバーの芸達者ぶりも光る「狩のカンタータ」

収録曲

J.S.バッハ:世俗カンタータVol.2

①シンフォニア ヘ長調BWV1046a/1
②狩のカンタータ「心躍る狩こそわたしの悦び」BWV208
③セレナータ「日と年をつくる時は」BWV134a

ディアナ:ソフィー・ユンカー(ソプラノ)
パラス:ジョアン・リン(ソプラノ)
エンデュミオン、時:櫻田亮(テノール)
パン:ロデリック・ウィリアムズ(バリトン)
時の摂理:ダミアン・ギヨン(アルト)
鈴木雅明(指揮)バッハ・コレギウム・ジャパン
[録音:2011年7月/しらかわホール(名古屋)]

★SACDハイブリッド盤。BCJの世俗カンタータは第1弾が2005年に国内リリースされましたが、12年を経て第2弾の登場となります。「狩のカンタータ」は、狩を趣味としたザクセン=ヴァイセンフェルス公クリスティアンのために1712年に作曲されたもので、ローマ神話の狩猟の女神ディアナと、その恋人エンデュミオンを主人公としています。オペラを残さなかったバッハの作品中、最もオペラ的な内容を持ち、バロック・オペラ・ファンも必聴です。また、このカンタータ初演の際に序曲として用いられたとされる「シンフォニアヘ長調」を置いているのも興味津々。「ブランデンブルク協奏曲第1番」の初稿でもあり、楽器編成の違いを実感できます。BCJメンバーの芸達者ぶりも楽しめます。

関連商品

  • J.S.バッハ:「音楽の捧げもの」「14のカノン」
    BIS SA-2151
  • J.S.バッハ:世俗カンタータVol.4
    KKC-5798
  • J.S.バッハ:世俗カンタータVol.5
    KKC-5799
  • J.S.バッハ:世俗カンタータVol.3
    KKC-5797
  • J.S.バッハ:世俗カンタータ第8集
    BIS SA-2231
  • J.S.バッハ:ミサ曲 イ長調、ミサ曲 ヘ長調、マルコ・ジュ…
    KKC-5704
  • GLORIA IN EXCELSIS DEO「いと高きところ…
    KKC-9206
  • J.S.バッハ(1685-1750):オルガン作品集 Vol…
    KKC-4098

4909346014305