J.S.バッハ:世俗カンタータVol.3

KKC-5797
  • 発売前
  • アーティスト:鈴木雅明
  • レーベル:KING INTERNATIONAL
  • (国内仕様)
  • 品番:KKC-5797
  • 原盤品番:BIS SA-2041
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:¥3,000 + 税
  • 形態:SACD Hybrid

  • 録音情報など:5.0 Surround sound
  • 収録時間:77:26
  • 付属品:輸入盤・日本語帯・解説・対訳付
  • 発売予定時期:2017年10月下旬

「結婚カンタータ」を含む至福のカンタータ集

収録曲

J.S.バッハ:世俗カンタータVol.3

①高貴なるレーオポルト殿下BWV173a
②結婚カンタータ「消えるのです 悲しみの影よ」BWV202
③喜び舞い上がれ 星々の高みまで BWV36c
④クォドリベット(断片)BWV524

ジョアン・ラン(ソプラノ)、青木洋也(カウンターテナー)
櫻田亮(テノール)、ロデリック・ウィリアムズ(バリトン)
三宮正満(オーボエ、オーボエ・ダ・モーレ)
若松夏美(ヴァイオリン&ヴィオラ・ダ・モーレ)
鈴木雅明(指揮)バッハ・コレギウム・ジャパン
[録音:2012年7月/しらかわホール(名古屋)]

★SACDハイブリッド盤。BCJの世俗カンタータ第3弾は「結婚カンタータ」として知られる「しりぞけ、もの悲しき影」を含む至福の作品集。「高貴なるレーオポルト殿下」BWV173aはケーテン侯レーオポルトの誕生日祝賀用の作品。バッハのカンタータ中で横型フルートが用いられるのは、この作品が初めてとされます。「消えるのです 悲しみの影よ」はソプラノ独唱のための作品で、ジョアン・ランの透き通るような声とそれを包み込むようなBCJの演奏に脱帽です。「喜び勇みて羽ばたき昇れ」BWV36cはBWV36の第1稿で、年配の大学教授の誕生日を祝うための作品と考えられています。

関連商品

  • J.S.バッハ:「音楽の捧げもの」「14のカノン」
    BIS SA-2151
  • J.S.バッハ:世俗カンタータVol.5
    KKC-5799
  • J.S.バッハ:世俗カンタータVol.4
    KKC-5798
  • J.S.バッハ:世俗カンタータVol.2
    KKC-5796
  • J.S.バッハ:世俗カンタータ第8集
    BIS SA-2231
  • J.S.バッハ:ミサ曲 イ長調、ミサ曲 ヘ長調、マルコ・ジュ…
    KKC-5704
  • GLORIA IN EXCELSIS DEO「いと高きところ…
    KKC-9206
  • J.S.バッハ(1685-1750):オルガン作品集 Vol…
    KKC-4098

4909346014312