J.S.バッハ:世俗カンタータVol.4

BISSA-2001
  • 発売中
  • レコード芸術特選盤
  • アーティスト:バッハ・コレギウム・ジャパン 、鈴木雅明
  • レーベル:BIS
  • (国内仕様)
  • 品番:KKC-5798
  • 原盤品番:BIS SA-2001
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:¥3,000 + 税 
  • 形態:SACD Hybrid

  • 録音情報など:5.0 Surround sound
  • 収録時間:73:06
  • 付属品:輸入盤・日本語帯・解説・対訳付

先生への生徒たちからのこころ温まるプレゼント2篇

収録曲

J.S.バッハ:世俗カンタータVol.4

①破れ、砕け、うち壊て、この洞窟を(鎮まりしアイオロス)BWV205
②響き交わす弦による 一致する不一致よ BWV207

パラス、幸運:ジョアン・ラン(ソプラノ)
ポモナ、感謝:ロビン・ブレイズ(カウンターテナー)
ゼビュロス、勤勉:ヴォルフラム・ラトゥケ(テノール)
アイオロス、名誉:ロデリック・ウィリアムズ(バス)
鈴木雅明(指揮)バッハ・コレギウム・ジャパン
[録音:2013年7月/しらかわホール(名古屋)

★SACDハイブリッド盤。BCJのバッハ世俗カンタータ第4集は1725年前後にライプツィヒで作曲された2篇。「破れ、砕け、うち壊て」(鎮まりしアイオロス)BWV205はライプツィヒ大学の哲学講師ミュラーの聖名日を祝って書かれたもので、学芸の女神パラス、果樹園の女神ポモナ、西風の神ゼビュロス、風神アイオロスの演ずる音楽劇。「鳴り交わす絃の相和せる競いよ」BWV207はライプツィヒ大学の法学博士コルテの教授就任祝賀用として作曲されました。「幸運」「感謝」「勤勉」「名誉」という寓意的人物を中心に繰り広げられる音楽劇です。曲中にはブランデンブルク協奏曲第1番ヘ長調の第3楽章の改作も含まれているのも魅力的です。

◆レコード芸術 2018年1月号 特選盤

関連商品

  • ベートーヴェン:《ミサ・ソレムニス》 ニ長調 Op.123
    BIS SA-2321
  • J.S.バッハ:世俗カンタータ第9集
    BIS-SA 2311
  • J.S.バッハ:「音楽の捧げもの」「14のカノン」
    BIS SA-2151
  • J.S.バッハ:世俗カンタータVol.5
    KKC-5799
  • J.S.バッハ:世俗カンタータVol.2
    KKC-5796
  • J.S.バッハ:世俗カンタータVol.3
    KKC-5797
  • J.S.バッハ:世俗カンタータ第8集
    BIS SA-2231
  • J.S.バッハ:ミサ曲 イ長調、ミサ曲 ヘ長調、マルコ・ジュ…
    KKC-5704

4909346014459