ハイドン:弦楽四重奏曲第34番、35番、36番

BISSA-2168
  • 発売中
  • アーティスト:キアロスクーロ四重奏団
  • レーベル:BIS
  • (国内仕様)
  • 品番:KKC-5832
  • 原盤品番:BIS SA-2168
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:¥3,000 + 税
  • 形態:SACD Hybrid

  • 付属品:輸入盤・日本語帯・解説付

収録曲

ハイドン:
弦楽四重奏曲第34番 ニ長調 Op.20-4 Hob.Ⅲ 34
弦楽四重奏曲第35番 ヘ短調「レチタティーヴォ」 Op.20-5 Hob.Ⅲ 35
弦楽四重奏曲第36番 イ長調 Op.20-6 Hob.Ⅲ 36

キアロスクーロ四重奏団
【アリーナ・イブラギモヴァ(1stヴァイオリン) パブロ・エルナン・ベネディ(2nd ヴァイオリン)
エミリー・ヘルンルンド(ヴィオラ) クレア・ティリオン(チェロ)】
録音:2015年12月/センデザール(ブレーメン)

★今をときめくヴァイオリニスト、アリーナ・イブラギモヴァ率いるキアロスクーロ四重奏団。2016年4月、カルテットとしての初来日は大成功をおさめました。BIS初登場となった前作(BIS SA 2158 / KKC 5677)に続くハイドン第2弾です。古典派と初期ロマン派のレパートリーを演奏する当団は仏Apartéレーベルよりベートーヴェン、モーツァルト、シューベルト、メンデルスゾーンのディスクをリリースし、いずれも好評をしております。当ディスクには第4~6曲(弦楽四重奏曲第34~36番)を収録。第34番の第1楽章は三拍子楽想による入念なソナタ形式、第2楽章は素朴な変奏曲、第3楽章はジプシー風のシンコペーションでいろどられたメヌエット、第4楽章はハンガリー風のリズム的活気に満ちたソナタ形式の作品です。第35番はロマンティックな情調のために同曲集の中でも最も名高い作品。特に第1楽章の第1主題は〈ハイドンのシュトゥルム・ウント・ドランク期〉の代表的な例と言えます。第3楽章はシチリア舞曲の曲想をもち、第4楽章はフーガによるフィナーレの第1曲で、二主題フーガを展開します。最後の第36番、第2楽章はニ主題による自由な変奏で、幻想的な性格が強い作品です。キアロスクーロ四重奏団のキリっとしまった演奏はハイドン向き。美術用語で、コントラストを印象づける明暗法そして陰影法を意味する” Chiaroscuro(キアロスクーロ)” らしい陰影に富んだ演奏と言えましょう。

4909346014985

Back to Top ↑