J.S.バッハ:パルティータ第4番

MIR-268
  • 発売中
  • アーティスト:レミ・ジュニエ
  • レーベル:MIRARE
  • (国内仕様)
  • 品番:KKC-5853
  • 原盤品番:MIR-268
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:¥3,000 + 税 
  • 形態:CD

  • 付属品:輸入盤・日本語帯・解説付

収録曲

J.S.バッハ:
パルティータ第4番ニ長調BWV828
カプリッチョ変ロ長調「最愛の兄の旅立ちにあたって」BWV992
イギリス組曲第1番イ長調BWV806
トッカータ ハ短調BWV911

レミ・ジュニエ(ピアノ)
録音:2014年9月ポワティエ・オーディトリアム・シアター(TAP)
エンジニア:ユーグ・デショー

 

★2013年エリザベート王妃国際音楽コンクールで第2位に輝いたフランスの新世代のピアニスト、レミ・ジュニエ待望のソロ・アルバム。彼は1992年フランスのモンペリエ出身。レナ・シャレシェヴスカヤ(エコール・ノルマル)、ブリジット・エンゲラー(パリ国立音楽院)、エフゲニー・コロリオフ(ハンブルク大学)らに師事。日本では2014年に来日し、ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を演奏して注目を集めました。ディスクとしては、エリザベート王妃国際音楽コンクールの上位入賞者たちのアルバム(QEC2013)が発売されていますが、セッション録音はこのアルバムがはじめて。
内容はオール・バッハで、レミ・ジュニエ自身によるこだわりの選曲。バッハの鍵盤作品に多様性を与えるプログラミングで、バッハの構造美を瑞々しい感性で演奏しています。例えばパルティータ第4番は、コンクールのディスクにも収録されており、高貴で華やかな演奏を聴かせてくれます。またバッハには珍しい標題音楽のカプリッチョ『最愛の兄の旅立ちにあたって』では、バッハが作曲にあたった背景が見事に描き出されています。

4909346015678