マーラー:交響曲第7番ホ短調「夜の歌」

RCO-17006
  • 発売前
  • アーティスト:ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、マリス・ヤンソンス
  • レーベル:RCO LIVE
  • (国内仕様)
  • 品番:KKC-5882
  • 原盤品番:RCO-17006
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:¥3,000 + 税
  • 形態:SACD Hybrid

  • 付属品:輸入盤・日本語帯・解説付
  • 発売予定時期:2018年7月中旬

2016年9月ライヴ録音
ヤンソンス&コンセルトヘボウ管によるマーラー7番

収録曲

マーラー:交響曲第7番ホ短調「夜の歌」

(Ⅰ:22’29、Ⅱ:16’21、Ⅲ:10’26、Ⅳ:13’12、Ⅴ:17’23)

ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
マリス・ヤンソンス(指揮)
録音:2016年9月28-30日アムステルダム・コンセルトヘボウ、ライヴ

★21世紀を代表するマーラー指揮者のひとり、マリス・ヤンソンス。ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の音楽監督在任中には、マーラーのチクルスを録音しませんでしたが、ここにきて2016年9月にライヴ録音された交響曲第7番が発売。これで1から8番までリリースされたことになり、ヤンソンスとRCOのマーラー・プロジェクトは完成に近づいています。
とはいえ、ヤンソンスのマーラー交響曲第7番の録音がないわけではありません。オスロ・フィル(2000年3月)、RCO(2000年12月/放送用録音集RCO15002に収録)、バイエルン放送響(2007年)との録音があります。そしてコンセルトヘボウ管とマーラーの伝統は、マーラー自身が指揮をするなど深い関係にあり、この7番も1909年にオランダ初演するためにマーラー自身がコンセルトヘボウ管を振りにきています。
ヤンソンスの演奏は、前衛的な響きとされる7番を、明確に丹念に描きだし、コンセルトヘボウの滑らかな音色も功を奏し、そこから生まれる自然な音楽の流れをみごとにまとめあげています。

4909346015968