ドビュッシー(1862-1918):最後の3つのソナタ集

KKC-5938
  • 発売中
  • レコード芸術特選盤
  • アーティスト:イザベル・ファウスト、アレクサンドル・メルニコフ、グザヴィエ・ド・メストレ、アントワーヌ・タメスティ
  • レーベル:KING INTERNATIONAL
  • (国内仕様)
  • 品番:KKC-5938
  • 原盤品番:HMM-902303
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:¥3,000 + 税
  • 形態:CD

  • 付属品:輸入盤・日本語帯・解説付

ドビュッシー没後100周年記念リリース
ファウスト、ケラス、メルニコフ、メストレも参加の超豪華メンバーによるドビュシー!

収録曲

ドビュッシー(1862-1918):最後の3 つのソナタ集

1-3. ヴァイオリン・ソナタト短調(1917)
イザベル・ファウスト(ヴァイオリン/ストラディヴァリウス“スリーピング・ビューティ”)
アレクサンドル・メルニコフ(ピアノ)

4. 英雄の子守歌-ベルギー国王アルベール1 世陛下とその兵士たちをたたえて(1914)
5. アルバムのページ(負傷者の服のための小品)(1915)タンギ・ド・ヴィリアンクール(ピアノ)
6-8. フルート、ヴィオラとハープのためのソナタヘ長調(1915)
マガリ・モニエ(フルート/1880 年、ルイ・ロット、製造番号2862/調整:ベルナール・デュプラ)
アントワーヌ・タメスティ(ヴィオラ/ストラディヴァリウス「マーラー」、1672 年製)
グザヴィエ・ド・メストレ
(ハープ/エラール社製、19 世紀末のルイ16 世のスタイル/調整:レ・シエクル)

9. エレジー(1915)
タンギ・ド・ヴィリアンクール(ピアノ)

10-12. チェロ・ソナタニ短調(1915)
ジャン=ギアン・ケラス(チェロ) ハヴィエル・ペリアネス(ピアノ)

13「燃える炭火に照らされた夕べ」 (1917) タンギ・ド・ヴィリアンクール(ピアノ)

録音:1-5, 9-13:2016 年12月、2017 年12月、2018 年1-2月、テルデックス・スタジオ・ベルリン
6-8:2017 年6月、シテ・ド・ラ・ミュジーク、パリ

★ハルモニアムンディがお送りするドビュッシー没後100周年記念シリーズ、「最後のソナタ集」と題し、ファウスト、ケラス、メルニコフ、メストレ、タメスティらが参加しているという注目盤が発売されます。
★ドビュッシーは晩年様々な楽器のための6つのソナタを作曲しようと考えていましたが、実際にはここに収録された3作を書き上げた翌年に亡くなってしまいます。この計画の最後となったのは、ヴァイオリン・ソナタでしたが、これはドビュッシーの文字通り最後の作品となりました。
冒頭でメルニコフが奏でる繊細きわまりない和音から一気に世界に引き込まれます。
ファウストの演奏は、独特のミステリアスでかわいたような空気を漂わせつつも、非常にきめこまやかな表情づけで、一音一音、休符までも聴きの逃してはならぬ、と思わせられる演奏です。

★フルート、ヴィオラとハープのためのソナタについてドビュッシーは友人にあてた手紙の中で「これは私が作曲の仕方を今よりは多少知っていた頃の作品だ。何年の前のドビュッシー、そう、‘夜想曲’の頃のドビュッシーのようだ」と語っています。「ビリティスの歌」や「六つの古代墓碑銘」と、古のフランスのクラヴサン音楽の典雅さが融合したようで、独特の魅力にあふれた本作を、最高のメンバーで聴けます。マガリ・モニエは2003年よりフランス放送フィルハーモニー管弦楽団の首席フルート奏者を務め、2004年のミュンヘン国際音楽コンクールで優勝した名手。ハルモニアムンディでは初登場となります。彼女が演奏しているルイ・ロット(ルイ・ロット/ 1855 年に工房を立ち上げ1951年まで存在していたオールド・フルートの代表格)のフルートは、ジョゼフ・ランパル(1895-1983)そしてその息子ジャン=ピエール・ランパル(1922-2002)らが演奏していたもの、また、ハープはレ・シエクルも用いている楽器で、まさにドビュッシーの頃の音色で楽しむことができるという意味でも貴重な演奏となっております。

★最後の3つのソナタの中では最初に完成したチェロ・ソナタ。ここではケラスと、スペインのペリアネスという顔合わせによる演奏でお聴き頂きます。作品の世界に一歩踏み込んだ、繊細な色彩の描き分けが見事。より細やかな表情づけがなされており、絶妙な間合いの中にも「あそび」が感じられる演奏となっております。
なお、ケラスは2008年にアレクサンドル・タローとドビュッシーのチェロ・ソナタを録音しておりますが、そちらはシャープさが際だった演奏で、10年の時を経ての変化にも感じ入る演奏となっております。

★ピアノ独奏作品もすべて晩年のもの。奏でるのはタンギ・ド・ヴィリアンクール。フランスでは若くして名手としてソロに室内楽にバリバリと活躍、リストのような超絶技巧はもとより、古典から現代ものまで完璧に弾きこなすテクニックは圧巻です。ドビュッシーの晩年の作品世界の多様性に、名手たちのきめこまかな演奏によってあらためて感じ入る 1 枚となっております。

◆レコード芸術 2018年12月号 特選盤

4909346016774

Back to Top ↑