ベートーヴェン: 交響曲 第3番ほか

KKC-5990
  • 発売前
  • アーティスト:ヘルベルト・フォン・カラヤン
  • レーベル:AUDITE
  • (国内仕様)
  • 品番:KKC-5990/1
  • 原盤品番:AU-23414
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:¥2,700 + 税
  • 形態:2CD

  • 録音情報など:MONO
  • 収録時間:53:23 / 70:34
  • 発売予定時期:輸入盤・日本語帯・解説付
  • 発売日:2019年2月20日

英雄(1953)&第九(1957)/カラヤン&ベルリン・フィル【2CD】

収録曲

ベートーヴェン:
[CD1] 交響曲 第3番 変ホ長調Op.55「英雄」
[CD2] 交響曲 第9番 ニ短調Op.125「合唱つき」

[CD1]ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1953年9月8日 ティタニア・パラスト、ベルリン(ライヴ)
[CD2]エリーザベト・グリュンマー(S) マルガ・へフゲン(A)
 エルンスト・へフリガー(T) ゴットロープ・フリック(Bs)
 聖ヘトヴィヒ大聖堂合唱団,
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1957年4月25日 ベルリン高等音楽院(現ベルリン芸術大学)大ホール(ライヴ)

★ベルリン・フィル(BPO)とのベートーヴェン。「英雄」(53年)はBPOとの戦後初めてのライヴ、「第九」(57年)は首席指揮者および芸術監督に就任後、BPO創立75周年記念コンサートのライヴであり、数ある当コンビによる同曲の録音の中でも歴史的な意味をもつ内容です。
就任2年前の「英雄」・・・冒頭からフルトヴェングラーのそれと一瞬錯覚するくらい、パワフルかつエネルギッシュ!BPOの重厚なひびきもよく似ていて思わず引き込まれます。一方で、アダージョでのスロウ・テンポの深い感情表現、スケルツォでのリズムのシャープ感、フィナーレでの極端にテンポを落とした盛り上げかたなどカラヤンらしさも随所に光り、これは大変な名演というべきでしょう。
就任2年後の「第九」・・・快活で直截的な表現の惚れ惚れするような格好よさや、やはり、未だカラヤン色に染まりきる以前のBPOの音色などに特徴が顕れています。独唱者(グリュンマー、ヘフゲン、ヘフリガー、フリック)の充実ぶりは後年の10 種以上ある録音を凌ぐかと思わせるほど。このフィナーレでは押し出されるような低弦のひびきが緊迫のアンサンブルとあいまって、ものすごい迫力を生み出しています。
「ドイチュラントラジオ(DLR)のマスターテープから1st マスターリリース」の看板はダテではなく、音質のすさまじい改善効果をはっきりと確かめることが出来ます。両曲とも演奏前後に拍手が入っていて、楽章間のインターバルも収録。臨場感は半端ではありません。

4909346017634

Back to Top ↑