クラウディオ・アバド・ラスト・ルツェルン

ACC-10282BD
  • 発売中
  • レコード芸術特選盤
  • アーティスト:クラウディオ・アバド
  • レーベル:ACCENTUS MUSIC
  • (国内仕様)
  • 品番:KKC-9094
  • 原盤品番:ACC-10282BD
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:¥4,762+税
  • 形態:Blu-ray

  • 録音情報など:画面:16:9 Full HD, 音声:DTS HD Mater Audio,PCM Streo, Region:All, 原語:ドイツ語  字幕:英、韓、日本語
  • 収録時間:100:12
  • 付属品:輸入盤・日本語字幕・解説書付

クラウディオ・アバド最後のルツェルン音楽祭
2013年オープニング・コンサート

収録曲

クラウディオ・アバド・ラスト・ルツェルン

ブラームス:『悲劇的序曲』 Op.81
シェーンベルク:『グレの歌』~間奏曲
シェーンベルク:『グレの歌』~山鳩の歌
ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』

藤村実穂子(アルト)
ルツェルン祝祭管弦楽団 クラウディオ・アバド(指揮)
収録:2013年8 月16、17日ルツェルン文化会議センター
(ルツェルン・フェスティヴァル・ライヴ)

★この映像作品には、2014年1月20日に亡くなったクラウディオ・アバドが、2013年8月のルツェルン音楽祭に出演した際の指揮姿が収録されています。この映像での生気に満ちた様子を見る限り、約半年後に亡くなってしまうとはとても信じられません。1938年トスカニーニ指揮によるルツェルン湖畔で行われたコンサートから始まったルツェルン音楽祭は、2013年に75周年という記念の年を迎えました。アバドは2003年に正式に設立されたルツェルン祝祭管弦楽団の芸術監督に就任、欧州各国から一流の演奏家を集結させ、数々の名演を残してきました。
アバド最後の出演となった2013年ルツェルン音楽祭のオープンニングを飾ったこの演奏会のプログラムは、ブラームスの『悲劇的序曲』、独唱を藤村実穂子が務めたシェーンベルク『グレの歌』の間奏曲と山鳩の歌、そしてベートーヴェン交響曲第3番『英雄』。

◆レコード芸術 2014年12月号 特選盤

関連商品

  • J.S.バッハ & C.P.E.バッハ:作品集
    20-53738
  • ヨーロッパコンサート1996フロム・サンクト・ペテルブルグ …
    20-12534
  • ヨーロッパコンサート1996フロム・サンクト・ペテルブルグ
    20-12538
  • ベッリーニ:「カプレーティとモンテッキ」
    IDIS-6709
  • ブルックナー:交響曲第1番ハ短調 WAB101(ウィーン稿1…
    KKC-1055
  • クラウディオ・アバド~ザ・ラスト・コンサート
    KKC-9149
  • ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調、メンデルスゾーン…
    PTC-5186208
  • アバド&モーツァルト管・イン・マドリード
    KKC-5433

4909346008915