ストラヴィンスキー:春の祭典

LSO-3028
  • 発売前
  • アーティスト:サー・サイモン・ラトル
  • レーベル:LSO LIVE
  • (国内仕様)
  • 品番:KKC-9319/20
  • 原盤品番:LSO-3028
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:¥4,000 + 税
  • 形態:Blu-ray+DVD

  • 録音情報など:映像:HD 音声:16bit 48kHz(24bit 96kHz収録)
  • 付属品:輸入盤・日本語帯・解説・歌詞訳付
  • 発売予定時期:2018年6月下旬

収録曲

ストラヴィンスキー:春の祭典
リゲティ:マカーブルの秘密(オペラ「グラン・マカーブル」からのコンサート用アリア集)*
ベルク:ヴォツェックからの3つの断章*
ウェーベルン:オーケストラのための6つの小品

バーバラ・ハンニガン(ソプラノ)*
サー・サイモン・ラトル(指揮)ロンドン交響楽団
収録:2015年1月15日、バービカン・ホール(ライヴ/HD、24bit 96kHz 収録)

★ラトル&LSOによる「春の祭典」の映像が登場です。カナダの歌姫、とりわけ現代ものでも素晴らしいパフォーマンスで聴かせるハンニガンをゲストに迎え、彼女の十八番ともいえる「マカーブルの秘密」も収録されています。
ラトルの『春の祭典』は、イングリッシュ・ナショナル・ユース管(1977)、バーミンガム市響(1987)、ベルリン・フィル(2003、2009(映像)、2012年)とこれまでに5回リリースされています。このたび初めてのリリースから実に40年を経ての収録となります。ラトルは『春の祭典』について次のように述べています。「私は19歳の時からこの作品を指揮しています。まったく新しいものがもたらす衝撃とはどのようなものかを思い起こさせ、今なお大きなチャレンジの作品で、演奏する時にもっともわくわくする作品のひとつ」と。LSOの面々とラトルが繰り広げるアンサンブルは、思わず手に汗握る緊張感です。
そして「マカーブルの秘密」では、カナダ出身のソプラノ、ハンニガンが女子校生風ないでたちでガムをくちゃくちゃしながら登場。捨てたガムをラトルに渡すやいなや、ラトルとオーケストラを巻き込んでリゲティの世界を展開。彼女の得意演目だけあり、冒頭の「プスー」という発音も鮮やかな鬼気迫る演奏です。
聴衆の反応もとらえられています。LSOのメンバーによる器楽パートも、緊迫感と芝居っけたっぷりに世界を盛り上げます。

トピックス

ロンドン交響楽団 日本ツアー 2018

指揮:サー・サイモン・ラトル
ピアノ:クリスチャン・ツィメルマン
ヴァイオリン:ジャニーヌ・ヤンセン

9月23日(日)14:00  大阪/フェスティバルホール
9月24日(月祝)18:00 東京/サントリーホール
9月25日(火)19:00  東京/サントリーホール
9月27日(木)19:00  東京/NHKホール
9月28日(金)19:00  横浜/横浜みなとみらいホール 大ホール
9月29日(土)14:00  東京/サントリーホール

4909346015739