ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第1番 変ホ長調、交響曲第5番 ニ短調

LD-009
  • 発売中
  • アーティスト:ダヴィド・グリマル
  • レーベル:LES DISSONANCES
  • 品番:LD-009
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 付属品:ブック仕様ブックレット (96p)

グリマル率いるレ・ディソナンス
指揮者なしのショスタコ5番

収録曲

ショスタコーヴィチ:
・チェロ協奏曲第1番 変ホ長調 op.107
・交響曲第5番 ニ短調 op.47

レ・ディソナンス
ダヴィド・グリマル(ヴァイオリン)
グザヴィエ・フィリップス(チェロ/マッテオ・ゴフリラー1710年製)
録音:2014年12月2日(協奏曲)、2016年1月23日(交響曲)/ライヴ録音(ディジョン歌劇場)

★ダヴィド・グリマルにより結成された「レ・ディソナンス」によるショスタコーヴィチ。指揮者なし(コンサートマスターであるグリマルがアンサンブルを率いる)による緊迫感に漲った演奏、注目です。チェロ協奏曲には、1971年フランス生まれのグザヴィエ・フィリップスをソリストに迎えています。ブックレットにはグザヴィエ・フィリップスがロストロポーヴィチと共演した思い出などを書いた文章も収められています(日本語訳なし)。
★ダヴィド・グリマルはフランスの第一線で活躍するヴァイオリン奏者。パリ国立高等音楽院にて、レジス・パスキエに師事、さらにシュロモ・ミンツやアイザック・スターン、さらにフィリップ・ヒルシュホーンらからも薫陶をうけました。ソロ・ヴァイオリン奏者として様々なオーケストラと共演するほか、様々な作曲家から作品を献呈されています(ダルバヴィー、エスケシュ、ジジェル、イヴァン・フェデーレ他)。長年にわたり名ピアニスト、プルーデルマッハーとコンビを組み室内楽の活動も展開。指揮者なしで演奏するオーケストラ「レ・ディソナンス」を結成。ソロ、室内楽、さらにオーケストラ活動を展開しています。

関連商品

  • 20世紀の作曲家作品集
    LD-008
  • ベートーヴェン、モーツァルト、シューベルト
    LD-007
  • ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調op.77、交響曲第4…
    LD-004
  • ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調op.77、交響曲第4…
    LD-005
  • モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲(全曲)
    LD-006

3149028105421