チッコリーニ ワルツ選集

LDV_13
  • 発売中
  • レコード芸術特選盤
  • アーティスト:アルド・チッコリーニ
  • レーベル:LA DOLCE VOLTA
  • 品番:LDV-13
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 録音情報など:D D D
  • 収録時間:58:26
  • 付属品:日本語ライナーノートつき

かつて馴染んだ曲ばかり。
88歳の巨匠チッコリーニ神業の小品集。

収録曲

チッコリーニ ワルツ選集

①シャブリエ:アルバムの綴り
②ショパン:華麗なワルツ イ短調Op.34の2
③ピエルネ:ウィーン風Op.49bis
④グリーグ:思い出Op.71の7
⑤サティ:お前がほしい
⑥セヴラック:ロマンティックなワルツ
⑦シューベルト(R.シュトラウス編):クーペルヴィーザー・ワルツ
⑧ドビュッシー:レントよりも遅く
⑨マスネ:非常にゆっくりとしたワルツ
⑩シベリウス(作曲者編):悲しきワルツOp.44
⑪フォーレ:ヴァルス・カプリス第3番変ト長調Op.59
⑫ブラームス:ワルツ 変イ長調Op.39の5
⑬タイユフェール:ヴァルス・レント

アルド・チッコリーニ(Pf)【YAMAHA 使用】
[2013年5月21-24日/ボンセクール教会(パリ)]

★1925年生まれのチッコリーニ88歳の最新録音。現役ピアノの最巨匠のひとりである彼が、3拍子の小品だけを集めたアルバムをリリース。大半は彼が1960年代後半の若き日にEMIに録音して、今日でも名盤の誉れ高い十八番作品の再録となりますが、その深みと成熟ぶりはほとんど神の域に達していると申せましょう。なかでもサティ、セヴラック、マスネのピアノ曲はチッコリーニの名演でファンになった方も多いという思い出のもの。若き日の颯爽とした快演とは異なる悠然とした構え、何のけれんみもない、人生経験を感じさせる深々とした音色と語り口でひれ伏したくなるほどの凄さです。
★1曲目に収められたシャブリエの「アルバムの綴り」はさほど有名な曲ではありませんが、彼の作品中でも白眉の逸品。チッコリーニはしっとりと情感深く奏で、気絶するほどの美しさ。またグリーグの「思い出」は全66曲から成る「叙情小曲集」のいちばん最後の曲。いちばん最初の曲である「アリエッタ」のメロディが3拍子になって現れ意味深です。

◆レコード芸術 2014年3月号 特選盤

関連商品

  • モーツァルト: ピアノ・ソナタ 第12番, 第14番, 幻想…
    LDV-06
  • モーツァルト:ピアノ・ソナタ集
    LDV-03
  • 20世紀の名ピアニストたち
     ~クラシック・アーカイヴ…

    30-73984

3770001901329