モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲

LPSMBA-021
  • 発売前
  • アーティスト:ミシェル・オークレール
  • レーベル:SPECTRUM SOUND
  • 品番:LPSMBA-021
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:LP 180g 重量盤 完全限定プレス

  • 録音情報など:モノラル
  • 発売予定時期:2018年1月中旬

目の覚めるような技巧の冴え、独特の妖艶さと粋な表情!
オークレールによるモーツァルトの協奏交響曲(1961年)と
バッハの協奏曲第2番(1959年)。

収録曲

LP A面
・モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K.364より第1、2楽章
フェルナン・ウーブラドゥ(指揮)、ロジェ・ルパウ(ヴィオラ)、パリ室内管弦楽団
ライヴ録音:1961年3月5日/パリ

LP B面
・モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K.364より第3楽章
フェルナン・ウーブラドゥ(指揮)、ロジェ・ルパウ(ヴィオラ)、パリ室内管弦楽団
ライヴ録音:1961年3月5日/パリ 

・J.S. バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番 ホ長調 BWV1042
ピエール・カプドヴィーユ(指揮)、RTF室内管弦楽団
ライヴ録音:1959年1月8日/パリ

以上、ミシェル・オークレール(ヴァイオリン)

★驚きのリリースを続けているスペクトラム・サウンド・レーベルの好企画、フランス国立視聴覚研究所提供による音源を使用したコンサート・ライヴ・シリーズ”ベルアーム”。当LPにはミシェル・オークレールによるバッハの協奏曲第2番モーツァルトの協奏交響曲が収録されております。スペクトラム・サウンドの丁寧な復刻で聴くオークレールの極上の演奏です。
★「モーツァルトの協奏交響曲。このオークレールらの演奏は現代的で新鮮であり、なおかつ気品と優雅さにも溢れている。(中略)バッハも、本当に心に沁みる演奏である。気持ち、ゆるやかなテンポを設定し、ていねいに、慈しむように弾いているが、オークレール独特の味わいも、しっかりと聴き取ることが出来る。」平林直哉~ライナーノーツより

関連商品

  • ストラヴィンスキー:協奏的二重奏曲、シューベルト:幻想曲
    LPSMBA-020
  • メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲、ラヴェル:ヴァイオリン…
    LPSMBA-007
  • バルトーク:ラプソディ第1番、ルーマニア民俗舞曲
    サ…

    LPSMBA-011

4580481397753