J.S.バッハ:オルゲルビュッヒライン

PCD-1810
  • 発売前
  • アーティスト:塚谷水無子
  • レーベル:POOH'S HOOP
  • 品番:PCD-1810
  • ジャンル:クラシック
  • 価格:オープン価格
  • 形態:CD

  • 収録時間:78:32
  • 発売予定時期:2019年2月中旬

全てのストップを使用した驚きのレジストレーション!
聖バフォ教会の大オルガンを知り尽くした
塚谷水無子だからこそ奏でられる唯一無二のオルゲルビュッヒライン!

収録曲

J.S.バッハ(1685-1750):オルゲルビュッヒライン Orgelbüchlein BWV599-644

01. いざ来ませ、異邦人の救い主
Nun komm der Heiden Heiland, BWV 599(1:07)
02. 神よ、汝の慈しみによりて
Gott, durch deine Güte / Gottes Sohn ist kommen, BWV 600(1:14)
03. 主キリスト、神の独り子
Herr Christ, der ein`ge Gottessohn / Herr Gott, nun sei gepreiset, BWV 601(1:34)
04. 全能の神に讃美あれ
Lob sei dem allmächtigen Gott, BWV 602(0:52)
05. 嬰児(みどりご)ベツレヘムに生まれたまえり
Puer natus in Bethlehem, BWV 603(0:59)
06. イエス・キリストよ、讃美を受けたまえ
Gelobet seist du, Jesu Christ, BWV 604(1:08)
07. かくも喜びに満てるこの日
Der Tag, der ist so freudenreich, BWV 605(1:58)
08. 高き御空よりわれは来り
Vom Himmel hoch, da komm ich her, BWV 606(0:50)
09. 御空より御使いの軍勢来れり
Vom Himmel kam der Engel Schar, BWV 607(1:31)
10. 甘き喜びのうちに
In dulci jubilo, BWV 608(1:31)
11. イエス・キリストの徒よ、こぞりて神を讃えまつれ
Lobt Gott, ihr Christen, allzugleich, BWV 609(0:53)
12. イエスよ、わが喜び
Jesu, meine Freude, BWV 610(1:58)
13. キリストをわれらさやけく頌め讃うべし
Christum wir sollen loben schon, BWV 611(2:02)
14. われらキリストの徒
Wir Christenleut, BWV 612(1:27)
15. われとともに神の慈しみを讃えよ
Helft mir, Gotts Güte preisen, BWV 613(1:21)
16. 古き年は過ぎ去りぬ
Das alte Jahr vergangen ist, BWV 614(2:11)
17. 汝にこそ喜びあり
In dir ist Freude, BWV 615(3:02)
18. 平安と喜びもてわれは逝く
Mit Fried und Freud ich fahr dahin, BWV 616(1:57)
19. 主なる神よ、いざ天の扉を開きたまえ
Herr Gott, nun schleuß den Himmel auf, BWV 617(2:23)
20. おお、罪なき神の小羊よ
O Lamm Gottes, unschuldig, BWV 618(3:40)
21. キリストよ、汝神の小羊
Christe, du Lamm Gottes, BWV 619(1:04)
22. われらに幸いを与えたもうキリストは
Christus, der uns selig macht, BWV 620(2:07)
23. イエス十字架につけられたまいし時
Da Jesus an dem Kreuze stund, BWV 621(1:01)
24. おお人よ、汝の大いなる罪を悲しめ
O Mensch bewein dein Sünde groß, BWV 622(5:38)
25. 主イエス・キリストよ、われら汝に感謝す
Wir danken dir, Herr Jesu Christ, daß du für uns gestorben bist, BWV 623( 1:00)
26. 神よ、われを助けて遂げさせたまえ
Hilf, Gott, daß mir`s gelinge, BWV 624(1:36)
27. キリストは死の縄目につながれたり
Christ lag in Todesbanden, BWV 625(1:17)
28. われらの救い主なるイエス・キリスト
Jesus Christus, unser Heiland, der den Tod überwand, BWV 626(0:51)
29. キリストは甦りたまえり
Christ ist erstanden, BWV 627(4:56)
30. 聖なるキリストはよみがえりたまえり
Erstanden ist der heilge Christ, BWV 628(0:56)
31. 栄光の日はあらわれぬ
Erschienen ist der herrliche Tag, BWV 629(1:14)
32. 今日、神の子は勝利をおさめ
Heut triumphieret Gottes Sohn, BWV 630(1:32)
33. 来ませ、創り主にして聖霊なる神よ
Komm, Gott Schöpfer, Heiliger Geist, BWV 631(0:50)
34. 主イエス・キリストよ、われらを顧みたまえ
Herr Jesu Christ, dich zu uns wend, BWV 632(1:19)
35. いと尊きイエスよ、われらはここに集いて
Liebster Jesu, wir sind hier, BWV 633(1:21)
36. いと尊きイエスよ、われらはここに集いて
Liebster Jesu, wir sind hier, BWV 634(1:33)
37. これぞ聖なる十戒
Dies sind die heilgen zehn Gebot, BWV 635(1:27)
38. 天にましますわれらの父よ
Vater unser im Himmelreich, BWV 636(1:14)
39. アダムの堕落によりすべては朽ちぬ
Durch Adams Fall ist ganz verderbt, BWV 637(1:32)
40. われらに救いの来たれるは
Es ist das Heil uns kommen her, BWV 638(1:11)
41. われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ
Ich ruf zu dir, Herr Jesu Christ, BWV 639(2:50)
42. 主よ、われ汝に望みをいだけり
In dich hab ich gehoffet, Herr, BWV 640(1:00)
43. われら悩みの極みにありて
Wenn wir in höchsten Nöten sein, BWV 641(1:42)
44. 尊き御神の統べしらすままにまつろい
Wer nur den lieben Gott läßt walten, BWV 642(1:46)
45. 人はみな死すべきさだめ
Alle Menschen müssen sterben, BWV 643(1:27)
46. ああ、いかにはかなく、いかにむなしき
Ach wie nichtig, ach wie flüchtig, BWV 644(1:24)
47. いざ来ませ、異邦人の救い主
Nun komm der Heiden Heiland, BWV 599(1:05)

塚谷水無子(パイプオルガン)[使用楽器:ミュラー・オルガン、1738年製作]
セッション録音:2018年10月3-5日/聖バフォ教会、ハーレム、オランダ
レコーディング・エンジニア:ダニエル・ファン・ホルセン

★さまざまなアプローチで聴き手を圧倒する塚谷水無子が、J.S.バッハのオルゲルビュッヒライン(オルガン小曲集)を録音!オランダ、ハーレムの聖バフォ教会に据え付けられた名器ミュラー・オルガン(1738年制作)を使用しています。
★かつてシュヴァイツァーはこの曲集を「音楽史における最大の出来事のひとつ」と呼ぶなど、高名な音楽家、音楽学者たちが挙って激賞する割に聴き手からはそれに見合う評価を得てきたとは思いにくいオルゲルビュッヒライン。塚谷は当ミュラー・オルガンの全64のストップを使用した驚きのレジストレーションとテンポで新たな解釈で演奏!名器ミュラー・オルガンを知り尽くした塚谷でしか表現のできない唯一無二の演奏を披露しております。
★塚谷のさまざまなこだわりのもと収録した当曲集。塚谷は全46曲(「いと尊きイエスよ、われらはここに集いて」BWV633の異稿BWV634も収録!)ののち、別テイクの第1曲「いざ来ませ、異邦人の救い主」BWV599でこの曲集をとじます。教会暦一年の循環を示すダ・カーポ、そしてゴルトベルクをライフワークとする奏者の成せる解釈と申せましょう。
★演奏はもちろん、録音にもこだわりをもつ塚谷水無子。当録音も塚谷が絶大なる信頼を寄せるダニエル・ファン・ホルセンが担当しております。ホルセンは大学時代にオルガンを専攻していたこともあり、オルガン音楽、教会の響きの録音特性も知り尽くしていることからオルガンの録音には非常に定評があります。当録音でもワンポイント録音を採用し、臨場感に富んだ演奏を楽しむことができます。
★『クリスチャン・ミュラー・オルガンの64のストップを漏らさず使って録音出来たことが何よりの喜びだ。1738年に完成した世界最大の楽器にはバッハの時代にだけ存在した音色が数多く備わる。約6000本のオルガンパイプと巨大なふいごが生み出す音響。バッハが愛した32 フィートが作り出す低音のダイナミズム。』(塚谷水無子)
★『「オルゲルビュッヒライン」、この曲集ほど高名な音楽学者たちが挙って激賞する割に、リスナーからはそれに見合う評価を得てきたとは正直思いにくい。そして、塚谷が「オルゲルビュッヒライン」に挑む以上、周到な考証から大胆に帰納される「目から鱗」の解法を期待できないはずがない。その期待は叶った。そして、なぜ今までこの曲集がリスナーに高く評価されてこなかったのか、彼女の演奏を通じてその謎がほぼ解けたのである。今回、塚谷盤の何に驚いたかと言えば、延々と述べてきたこの曲集に対する我が不定愁訴を作り出してきた疑問――特にレジストレーションとテンポ――を、彼女がクリアに解決して見せてくれたことだ。』(佐々木裕二/ライナーノーツより)

アーティスト情報

塚谷水無子
東京藝大楽理科卒業後オランダへ。パイプオルガン・作曲・即興演奏をヨス・ファン・デア・コーイに、ピアノ・室内楽をヴィム・レーシンクに、チェンバロをロベール・コーネンに師事。アムステルダム音楽院、デンハーグ王立音楽院修士課程を首席で卒業。17 年にわたりロイヤルコンセルトヘボウ、オランダ国立歌劇場はじめヨーロッパ各地のコンサートに出演、委嘱作品の世界初演も数多く手がける。Music Bird やOttava など番組出演はじめ、国内外の新聞雑誌インタビュー多数。古楽から現代音楽、ジブリまでレパートリーは多岐にわたる。J.S.バッハ《ゴルトベルク変奏曲》をライフワークとし、日本人初録音のパイプオルガン(PCD 1204)、演奏至難のポジティフオルガン(PCD 1305)、ブゾーニ編曲版を語り尽くしたピアノ(PCD 1712)のPooh’s Hoopレーベルからリリースされてい3 つのアルバムは音楽各誌で絶賛。新感覚エッセイ「ゴルトベルク変奏曲を聴こう!」(音楽之友社)を出版。CD《涙のバガテル~シルヴェストロフ・ピアノ作品集》(PCD 1409)、《ぬんこむ~Nun komm, der Heiden Heiland~》(PCD 1507)(Pooh’s Hoop)、《バッハ・オルガン作品集》《バッハ・オルガン作品集II》《聖なるパイプオルガン》《愛と祈りのパイプオルガン》《癒しのパイプオルガン》(キングレコード)、《 WhisperingWinds第2集&第2集》(キングインターナショナル)発売中。塚谷水無子ウェブサイト:http://www.minakotsukatani.net

4560455651081

Back to Top ↑